岡島 良隆さん (北海道士別市)

永田農法でのミニトマト栽培6年目 ...健菜のミニトマト

2004年10月07日

6年目のミニトマト

永田農法でのミニトマト栽培も、今年で6年目になります。もともとは稲作中心でしたが、農家として生き残っていくために大転換を図りました。この農法には共感するところがたくさんありました。トマトの原生地は厳しい環境なんだと分かって、なるほどなぁ、と思いました。

シーズンの終わり

士別は、それは寒いところです。最近は、温暖化しているとはいえ、9月にはストーブの必要な日もありました。ですから、ミニトマトの収穫も6月から10月まで。このニュースを読んでいただく頃は、すべての収穫を終えているかもしれませんね。こうしてシーズンの終わりが近づくと、人間の力がおよぶ部分のささやかなことを、実感します。だからといって、それをないがしろにはできません。

糖度計だけではわからないもの

今は、栽培のしかたによって、なんでこんなに変わるの? と面白くてなりません。とはいえ、思い通りには育ってくれませんね。糖度をあげようとしすぎたら酸っぱくなってしまったり...。それに糖度だけでは分からないものがありますから。「これ以上のものは作れない」というところをめざして、来年もがんばります。

土かぜ日記 土かぜ日記 土かぜ日記

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ