毛豆の評判に驚きました

 9月は毛豆の収穫に追われましたが、それも明日ですべて終える予定です。今年の味はいかがでしたか。
 毛豆はその名の通り茶色い毛がぼうぼうとはえている枝豆です。青森県だけで栽培されている在来の品種で、うちでも昔から田圃のあぜ道やりんごの果樹園の崖上などで栽培してきました。<
私たちには馴染みが深いのですが、県外どころか、県内の八百屋にもめったに並ばないそうです。毛豆は、農家が自家用に作るものと決めつけてきました。

おいしいさの再発見

 この味に注目していた健菜倶楽部の生産担当の方にすすめられ、昨年、健菜倶楽部用に栽培をしました。そうしたら、メンバーの方から「おいしい」と大評判をいただき、生産者としては、逆におどろくやらうれしいやら。
 そんなにおいしかったんだ!と再発見。

りんごの収穫が本格化

 2年目の今年は毛豆の畑を広げました。収穫後、さやをもぎ選別する手間はたいへんでしたが、やっぱり「おいしい」とあちらこちらから言われて、家族でがんばったかいがありました。
 毛豆も一段落。10月に入り、りんごの収穫が本格化します。りんごの成育も順調です。
(10月3日)
2008111-04.jpg

200811-1.jpg
新鮮な毛豆は触るとチクチクして痛い

200811-2.jpg
最後の収穫間近の山下さん

200811-3.jpg
津軽や紅玉から赤くなる

土かぜ農家

ページの先頭へ