重吉房代さん (宮崎県日向市)

ファーストトマトは味のピークに

2009年05月01日

永田農法でのトマト栽培を始めたのは、今は栽培の指導に各地に行っている弟(安藤広信さん)に、「手伝って!」と言われたのがきっかけでした。

20年近くトマト栽培をしてきましたが、醍醐味を感じるのはやはりファーストトマトですね。マルトマトやミニトマトに比べると、癖が強く、油断すると品質がバラついてしまう品種なので、栽培する人が減っていると聞きます。

 その分、おいしさの違いが際立つ品種。ますます気合いが入ります。

灰色かび病が流行

 今、宮崎の農家の多くが灰色カビ病に悩んでいます。冬を越した苗の活動が活発化する2~3月が雨天ばかりだったこともトマト栽培にはダメージ。名人といわれている生産者も頭をかかえています。

 私が担当するハウスでも、低地のほうは影響が出てしまいましたが、風通しのいい高地のハウスは被害を受けずに済んでいます。

味のピークは今から

 今、実を付けているのは3段目から5段目。青い状態を見ただけで、ちゃんと糖度があることがわかります。間もなく味のピークを迎えます。楽しみにしていてください。
(3月19日)

200905-1.jpg

※生産者の重吉さん。

200905-2.jpg

※色鮮やかに生るファーストトマト

200905-4.jpg
※ググっとはりがあります。

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ