大越昇さん (秋田県男鹿市)

山の幸を楽しんでいます

2009年11月30日

 大豆の収穫は間もなく終わります。春から夏にかけての悪天候の影響が大きく、青大豆の収穫は例年の6割にまで落ち込みました。
 
 しかしお天道様には逆らえません。厳しいのですが、家族みんなで気持ちを切り替えて、冬の野菜づくりや来年の農作業のことを考えています。


きのこ狩りに精を出す

 秋は山の幸が楽しみな季節。雨が多かったために、山のきのこが豊富で、早朝から山に入っています。

 孫のひとりには林の中にある秘密の場所も教えました。今は2人だけの秘密です。


猟果はこれから

 カモ猟も解禁されました。今年は雨が多くエサが豊富なため、散らばって一か所に集まらず、猟果はあがりません。今日は、永田先生がいらしているので、夕食は、今年最初にとったカモでカモ鍋をします。

 一羽だけでも先生の来訪に間に合ってよかったです。
(11月11日)

200912-1.jpg
▲同じ生産者の仲間、中田さんの畑で

200912-2.jpg
▲11月13日の青大豆の収穫。収穫のタイミングを逃さない。

200912-3.jpg
▲収穫の好条件がそろった日は深夜でも作業を続ける。

200912-4.jpg
▲林の中で栽培している原木なめこ。5センチぐらいのものもある。

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ