原和俊さん (長野県飯田市)

干し柿づくりに向けて

2017年10月01日
健菜地図健菜地図

来週、幸水の収穫を終える予定です。
今季の白桃はやや小ぶりながらも充分に甘かったし、幸水は玉伸びがよく、味も申し分ありませんでした。
私の農園のある伊那谷地区は、果物の名産地として知られていますが、今年は日照不足で、仲間の農家たちは苦労していました。
うちは例年どおりの品質を保つことができましたが、それにしても雨が多い。
1日1回は雨が降る日ばかりです。
飯田市は日照率の高さが自慢なのに・・・。
なんとか、豪雨に見舞われることなく過ぎたのは幸いでした。

干し柿づくりに向けて

8月下旬からは朝晩の気温が20度以下になり、パジャマを長袖に変えました。
空気がひんやりし始めると、柿の実がぐんぐん膨らんできます。
この調子なら、収穫は10月下旬といったところでしょう。
皮をむき、20日以上も天日で干し、ころころと転がしながら白い粉を吹かせるのが、うちの市田柿。
柿の糖度が高いことはもちろん、干し柿の製法に昔ながらの流儀を貫いています。
うまいですよ。
(8月28日)

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ