千田及さん (静岡県浜松市)

農業に確かな手ごたえ

2017年12月01日
健菜地図健菜地図

今日は、朝、ニラの収穫・出荷を終えてから、開花が始まったいちごのハウスに蜂箱を設置しました。

ハチは早速、花のまわりを飛び回り、受粉を助けてくれています。

やわらかいニラ

わたしは新規就農者。35歳の時に会社を辞め、農業研修を経て、9年前、赤土で有名な三方原で独立しました。主に、いちごとニラを栽培しています。

ニラは通年収穫できることが魅力。

食感がやわらかいニラを育てるため、少量の液肥をタイミングよく与え、ハウス栽培で水分管理を徹底してきました。

葉が真っ直ぐに長く伸び、日持ちが良いと褒めてもらえるのも、水分管理の成果だと思えます。

最近、計画通りの品質や収穫ができるようになりました。農業に確かな手応えを感じています。
(11月2日)

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ