越江雅夫さん (京都府京丹後市)

自慢の里芋

2020年01月01日

私たちは、数十品目の野菜を周年収穫・出荷しているので、農閑期というものがありません。
健菜さんには、今、秋に収穫した里芋やにんじんを順次出荷しています。
里芋の品種は石川芋ですが、20年間、種芋を採りながら栽培してきたので、うちの農園独特の里芋になっているはず。
パートさんが「お嫁に出す感覚で」と言い、丁寧に泥を落としてくれています。

シカが大問題

全国の農家さんが害獣被害に悩んでいますが、うちも例外ではありません。
目前の雑木林から侵入してくるシカから作物を守るため、フェンスで農園を囲んでいます。
年末年始に出荷する聖護院大根は、このフェンスの中で大切に栽培したものです。
(12月9日)

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2020年 /  2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ