健菜スタイル

ぬか床 (健菜米コシヒカリの米糠)

2016年05月01日
かわいい、ぬか床

 先日、病院で検査を受けるために2日間、食事制限をしました。1日は絶食です。たった2日間のことなのに頭の中は、検査後に何を食べようかと、そればっかり...。
 あれこれと思い浮かべ吟味の末に決めたのは、まず、ご飯(当然!)。アジの干物に玉ねぎの味噌汁、そして、きゅうりのぬか漬けです。病院から帰宅するなり、いそいそと夕食を作り、当たり前のご飯をしみじみと味わいました。
「わが家のご飯がどこよりおいしい」
 心からそう思います。
 それにしても、ぬか漬けが思い浮かんだのは、自分でも意外でした。最近、好き度が上がってきているみたい。


こりごりのはずが

 昔、ミュージシャンの友人(料理男子)から「ツアーの間、かわいいぬか床の子守をして」と言われ、漬け物樽を預かったことがあります。しかも、手塩にかけているぬか床をダメにしないよう、細かい指示書付き。それが面倒くさいのっ! その指示書どおり、毎日、ぬかを混ぜながら「かわいいぬか床?あほらしい」とつぶやいたものです。
 無事に樽を返したときは「もう子守はしません」と宣言。こりごりではあったけれど、実はその間、否応なく(?)食べた自家製ぬか漬けは相当においしくて、「私もいつかやってみよう」と密かに思ったのでした。それが実現したのは20年後です。


初心者でも失敗なし

 いざ、始めてみたら、昔とは大違いの易しさ。健菜からはすでに完成したぬか床が琺瑯容器入りで届くので、そのまま漬け物が作れてしまいます。臭いもないし、冷蔵庫で保存すれば、毎日、かき混ぜなくても大丈夫。原料はいつも食べている健菜米の米糠なので、親近感もわいてきます。それに、時間が経つにつれて、漬け物の味がどんどんおいしくなるのは、元のお米がいいからに違いありません。いい仕事、してくれますよ。
 私も、ぬか床をかわいいと思えるようになりました(笑)。     
(神尾あんず)


健菜通信:アーカイブ

2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ