健菜米の棚田から

01月歳の神

しめ縄やお札などと一緒に燃やして、無病息災と五穀豊穣を祈念します。

歳の神。けっこう大きいでしょ。

寒くて、煙いけど、楽しいです。

神主様と大岩地区の永田米生産者。

歳の神を組み立てます。[2015年]

火がつきました。

お店で温かいものをふるまいます。

大人たちはお酒で温まります。

今年も良い年になりますように。

Prev Next

歳の神(さいのかみ)は、小正月(1月15日ごろ)に行われる伝統的な火祭です。去年飾った門松や〆縄、子供たちの書き初めなどを燃やして、今年一年の五穀豊穣、無病息災を祈願します。歳の神の火にあたると、病気にならないと言われてます。
「歳の神」は、お供え物を組み上げたもののことで、大きいもので4~5メートルの高さになります。集落ごとに出来栄えを競いあい、吉川町内でいくつもの火が上がります。

暗くなるのを待って歳の神に火を着けるのは、その年の干支に当った人の役目です。火が収まるともちやスルメ、ちくわなどを焼いて食べます。子供たちはこれがお目当て。大人たちには「御神酒」が振る舞われ、みんなで新しい年を迎えます。

健菜米の棚田から
ページの先頭へ