もち米 永田農法「しめはり」 (2kg)

もち米 永田農法「しめはり」 (2kg)

生産地:新潟県上越市吉川区
内容量:2キロ
平成30年産米

本体価格:3,024円(税込)、送料・梱包料:1,080円(税込)
お届け:平成30年11月20日(火)発送予定
■5キロはこちらへ

産地直送

※送料・梱包料は商品単価に含まれています。
※お届け時期の記載がない商品は、お申し込み確認後、速やかに発送します。

価格:4,104円
メンバーはこちらへ
数量:

棚田で育てた幻の品種

 新潟県上越市吉川地区、中村昭一さんが栽培した、永田農法のもち米、「しめはり」をご案内します。中村さんは、健菜米コシヒカリの栽培農家として、20年以上にわたり永田農法を実践し、農法に最も精通した農家の一人として、健菜倶楽部が深い信頼をよせる生産者です。

 しめはりは、江戸時代から昭和初期まで盛んに栽培されたもち米の最高品種。中村さんは自分が子供の頃に食べたことがあり、その美味しさが忘れられなかったと言います。菓子職人や食通の間では垂涎の的だったそうですが、病害虫に弱く栽培が難しいことから、戦時を境に栽培者が激減し、一時は絶滅したとも言われた幻のもち米です。

 その貴重な種籾を、中村さんが苦心して手に入れたのが10年前。以来少量ずつ増やし、健菜倶楽部では年始の搗き餅としてご案内しておりましたが、今回は収穫したての新米をご用意しました。このもち米でお赤飯やおこわを炊くと、噛むほどに広がる風味や粘り、ほのかな甘みが絶品です。ぜひ幻といわれるもち米をご堪能ください。

ページの先頭へ