青大豆 (生豆)
仕様:

生産:秋田県男鹿市、大越昇
内容量:500g
生産:令和元年産

発送:
特選商品

※1配送先につき、一律1,100円(税込)を申し受けます。
※1個単位から自由に組み合わせてご注文いただけます。
※メンバーはお野菜の箱に同梱しますので、送料がかかりません。

価格: 648円
メンバーはこちらへ
数量:

健菜の納豆やきな粉など、大豆を原料とする加工品のベースとなる青大豆の生豆です。

 生産地は、八郎潟の干拓地としても有名な秋田県男鹿市。寒風山からの風と、日本海からの潮風が年間を通して大豆畑を吹き抜けるため、病害虫が少なく、農薬もほとんど使用せずに栽培ができます。ここで、水や肥料を極力控える永田農法で栽培すると、自然の養分を必至に吸収し、栄養価も甘さも凝縮した豆が育ちます。

 品種は栽培地の秋田県男鹿市に伝わる在来種。ほっこり甘く、枝豆のような味と香りが楽しめます。

《青大豆(生豆)の基本の使い方》

青大豆はよく洗って、豆の3倍から5倍くらいの重さの水に一晩浸します。つけておいた水を捨てずに使い火にかけ、沸騰後弱火で20分くらい茹でます。途中アクがでますので、まめにすくってください。

関連記事

ページの先頭へ