《11月》次郎柿

《11月》次郎柿

生産者:静岡県浜松市、森下晃行
内容量:4Kg(12個)
本体価格:4,860円(税込)、送料・梱包料:1,080円(税込)
お届け:11月上旬~中旬

健菜のフルーツ

※送料・梱包料は商品単価に含まれています。
※商品ページ掲載のお届予定日に、産地より直接発送します。

2016年は終了しました
メンバーはこちらへ
販売休止中

サクサクの食感と上品な甘味
香りのよさは樹上完熟の完全甘柿ならでは

静岡県浜松市、森下晃行さんが栽培する次郎柿をご案内します。果樹園は四方を山に囲まれた浜北大平地区の丘陵地にあり、「遠州灘のからっ風」と呼ばれる北西の季節風が果実の旨みを高める、柿栽培の最適地です。

次郎柿とは、静岡県森町の松本治郎(ジロウ)氏が江戸末期に川原で幼木を見つけ、庭に植えたのがはじまりと言われています。ある年火事で焼失しますが、翌年に芽を出し実をつけたところ、焼失前より甘味があって、さらに美味しくなったというエピソードがあります。

ご案内の次郎柿は、日当たりのよい南西斜面の果樹を選び、葉をできるだけ摘まずに光合成を促す「葉取らず栽培」で栄養を充実させます。また、肥料を控えゆっくりと樹上完熟させることで、果肉が緻密になり、サクサクとした食感と、なめらかな舌触りを両立しています。

完全甘柿は、フレッシュな香りも魅力のひとつ。採りたてをお届けしますので、ふくよかで上品な甘みとともにお楽しみください。

なお、次郎柿は柔らかくなりやすいので、固めがお好きな方は、商品到着後3日後くらいまでが食べ頃の目安。すぐに食べられない場合は、ラップしてヘタの乾燥を防ぎ、冷蔵庫で保管します。柔らかめがお好きな方は、追熟させるとトロリとして、甘味が際立ちます。

ページの先頭へ