野菜図鑑

春菊

独特の香りがするからこそ、生で食したい

春菊
キク科キク属。地中海沿岸地方が原生地とされていますが、食用にしているのは東アジアのみで、ヨーロッパでは観葉植物としてガーデニングなどに使われています。日本に入ってきたのは室町時代。コウライギク、リュウキュウギクと呼ばれていたことから、朝鮮半島か沖縄からもたらされたようです。

苦手な方も食べやすい

 健菜の春菊は全体的に明るく淡い緑色で、葉が柔らかく肉厚です。冷涼な気候で、肥料と水を極力絞って栽培しているからです。アクや苦味がないので、春菊が嫌いという人が生のままサラダで食べるほどおいしい。独特の香りも上品で、舌に感じる甘さが印象的です。

カルテ

 カロテン、ビタミンC、鉄分などを多く含みます。独特の香りの正体はピネンという成分。
 消化液の分泌を促し、胃腸の調子を整えます。

保存方法

 乾燥すると香りが逃げてしまうので、新聞紙に包み、冷蔵庫に立てて保管します。
 香りが生きるのは2日から3日が目安です。

たべきりレシピ

野菜図鑑

  • ほうれん草
  • 小松菜
  • 白菜
  • きゃべつ
  • ブロッコリー
  • かぶ
  • 大根
  • レタス
  • 春菊
  • ごぼう
  • きゅうり
  • ゴーヤ
  • かぼちゃ
  • トマト
  • ピーマン
  • なす
  • じゃがいも
  • たまねぎ
  • 長ねぎ
  • にら
  • らっきょう
  • にんにく
  • いんげん
  • 青大豆
  • 米
  • とうもろこし
  • にんじん
  • オクラ
  • 里いも
  • れんこん
  • しいたけ
  • しょうが
  • 茶
  • 梅
  • もも
  • りんご
  • みかん
  • パイナップル
  • たまご
  • 牛乳
ページの先頭へ