食品ロスと産地

食品ロスと産地

 本来は食べられるのに、売れ残りや期限切れなどで破棄されている食品を減らそうという意識が、世界的に高まっています。日本でも昨年、食品ロス削減推進法が成立し、流通業界や外食産業では廃棄を減らす取り組みが始まりました。
 しかし、農作物の産地で遭遇する「もったいない」と心が痛む場面への対策は、ほぼ手つかず。
例えば、価格が下がりすぎて出荷用の段ボール代金すら賄えず、収穫を諦めたキャベツやレタスの畑。
人手がなくて落果するにまかせざるを得なくなったみかんやももの果樹園など。
各産地では需要と供給をある程度見込んで栽培計画しているのに、異常気象の影響で計画が狂い、収穫が一時期に集中することもしばしば。
結果、破棄される作物が増加する現象も起きているのです。
健菜のような契約栽培は、産地でのロスを減らす有効な方法ですが、これからは、国をあげて、広い視野で、余った作物の生かし方を考えていく必要があると感じています。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 美肌じゃがいも、収穫真っ盛り

    つるつる肌のホクホクじゃがいもの産地を訪ねる。 そこには、技術を駆使する生産者がいた。 間近に波が見...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年08月
  • 駿河シャモ 頒布会

    極める気概と支える気質 「やっぱり、家のごはんがいちばんだね」 「うん、素材がいいから」  この...

    健菜スタイル | 2022年08月
  • 「さあ、田植えだ!」 華やぐ健菜米の産地をめぐる。

    今期の米づくりが、始まった。 山里の3人の生産者、それぞれの様子を取材した。 山肌を削って拓かれた、...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年07月
  • 一番茶の茶摘みが完了

     4月20日から約1カ月続いた一番茶の摘み取りを終え、その仕上げも全て終了。ようやく忙しさのピークが...

    土かぜ日記 | 2022年07月
ページの先頭へ