作物の価格と価値

作物の価格と価値

 これまで農家の大半は、野菜や果実の価格を自分で決めることができませんでした。出荷先である農協や仲買いが提示する金額に従うだけで、たとえ、市場で極端な安値が付き、出荷できない事態になっても「仕方がない」と諦めてき たのです。
 じつは、健菜の生産者のように「私の作物はこれだけの価値があるのでこの価格で」と考えられる生産者は少数でした。
 それが、少しずつ変化しています。
 コロナ禍で直販が増えたこともその一因。今はまだ、周囲を見比べて直販価格を決めたり、安値競争に陥りがちです。けれど、栽培コストや「おいしさ」に見合う価格で消費者に買ってもらいたい、それにはどうしたらいいかと考える生産者が増えつつあると感じます。
これは歓迎すべきこと。品質の高い作物を育てている生産者の努力が、しっかり報われることは、農業の未来に差す光です。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 嬉野紅茶

    「和」でなごむティータイム  若い頃は輸入車が大好きだった夫が、国産車を選ぶようになったのはいつ頃だ...

    健菜スタイル | 2021年09月
  • 健菜の乳製品は、ゆっくりとつくられる。

    那須高原・りんどう湖ファミリー牧場の一角で、健菜の乳製品は生まれる。 清潔で小規模な加工場だ。ここで...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年09月
  • 健菜納豆手帖 / 唯一無二の美味、ここに在り

    青大豆経木納豆のおいしさには理由があります。 原料は永田農法で育てた 大豆の王  秋田県男鹿市の大越...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年08月
  • 桃の摘果

     今年は春の到来が早くて、例年より1週間ほど早く、果樹の花が次々に咲きました。  梅、プラム、桃、梨...

    土かぜ日記 | 2021年07月
ページの先頭へ