作物の価格と価値

作物の価格と価値

 これまで農家の大半は、野菜や果実の価格を自分で決めることができませんでした。出荷先である農協や仲買いが提示する金額に従うだけで、たとえ、市場で極端な安値が付き、出荷できない事態になっても「仕方がない」と諦めてき たのです。
 じつは、健菜の生産者のように「私の作物はこれだけの価値があるのでこの価格で」と考えられる生産者は少数でした。
 それが、少しずつ変化しています。
 コロナ禍で直販が増えたこともその一因。今はまだ、周囲を見比べて直販価格を決めたり、安値競争に陥りがちです。けれど、栽培コストや「おいしさ」に見合う価格で消費者に買ってもらいたい、それにはどうしたらいいかと考える生産者が増えつつあると感じます。
これは歓迎すべきこと。品質の高い作物を育てている生産者の努力が、しっかり報われることは、農業の未来に差す光です。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ