半農半X

 亡父・永田照喜治は、日本の食生活、特にその安心安全面を考えると、クラインガルデン(市民農園)が重要になると考えていました。そして「野菜は自分で作りましょう」と、一般向けに栽培方法を広めていましたが、彼が予想したほど、市民農園は広がってはいないようです。残念ですが......。

 一方、最近は「半農半X(エックス)」というライフスタイルが、若い人の間で注目されているそうです。これは農業をしながら、「X」で好きなことをする生き方。例えば、リモートでIT関連の仕事をしつつ畑仕事をする、あるいは農業をしつつ、どこかに勤めるなど。「兼業農家」との違いは、都会から農村に移り住むところでしょう。実際に産地を訪ねると、半農半Xの人と出会います。その農業は「安全なものを」という思いが共通していると感じます。大きな潮流にはならなくても、農業の未来には朗報ではないでしょうか。応援したいと思います。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「さあ、田植えだ!」 華やぐ健菜米の産地をめぐる。

    今期の米づくりが、始まった。 山里の3人の生産者、それぞれの様子を取材した。 山肌を削って拓かれた、...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年07月
  • 健菜トマトジュース

    朝活の友  夏の暑さが、年々、堪えるようになりました。猛暑日が増えているのは自然変動や都市化によ...

    健菜スタイル | 2022年07月
  • 健菜 完熟フルーツ 12回頒布会

    迷うのも初夏の楽しみ  今年も、健菜倶楽部から「完熟フルーツ頒布会」のパンフレットが届きました。...

    健菜スタイル | 2022年06月
  • 農業暦の混乱

     忙しい毎日を過ごしています。 4月半ばに収穫した無農薬栽培のにんにくは天日干しの最中。出荷は6...

    土かぜ日記 | 2022年06月
ページの先頭へ