幻の野菜復活に一役

幻の野菜復活に一役

 「植物遺伝資源」という言葉を知っていますか。これは種子や細胞などの遺伝素材のこと。この資源を収集・保管・研究している機関は「ジーンバンク(遺伝子銀行)」と呼ばれています。いわば、後世に植物を伝え続けていく「ノアの方舟」です。
 現在、日本では約24万点の植物資源が保管されていて、資源や情報が品種改良に活用されています。
 一方、優れた特性がありながらも幻となっていた昔の作物の復活にも役立っています。例えば関東大震災後に消えてしまった東京の「寺島なす」や「内藤とうがらし」。山田錦の親である「船渡」も滋賀県などで復活栽培されるようになりました。
 ジーンバンクには、伝統野菜を復活させたいという相談が、数多く寄せられているといいます。これからそんな伝統野菜を目にする機会が増えていきそうです。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ