健菜ブルーベリー・コンポート

有閑シニアのお愉しみ

 ホテルのラウンジで、アフタヌーンティー・セットを見かけるようになったのは、この十数年ほどでしょうか。どこも思わず二度見するお値段ですが、ティースタンドに美しく盛り付けられたセットを見かけると、体験してみたいと思わずにいられません。そこである日、夫と見晴らし抜群のラウンジに出かけてみたところ......、分かりました! 決して夫婦でいただくものではありません。あれは2時間は会話が途切れない女友だち限定。それも平日の午後に集まれる人。そうなると私には仲間がいません。イギリス貴族から生まれた社交の習慣は、私の生活には縁遠いものでした。

シニアの特典

「そろそろアフタヌーンティーにしますか」
 じつはこれ、数日前のわが家での会話です。相手は3歳年長の従姉妹。仕事人間だった彼女とはまれに会うだけでしたが、互いに仕事の一線を退いたら、幼い頃の親密さが不思議なほど自然に復活しました。彼女は「ヒマ〜」とやって来て、おしゃべりしたり、各々好きな本を読んだり、ドラマを観たり......。このゆるい空気感は高校時代の友だち同士のよう。
「っていうより、有閑シニアじゃない?」と従姉妹。
 おっしゃるとおりです。そんな2人でゆったり(だらだら?)と楽しむティータイムを、あえてアフタヌーンティーと呼んでいます。その主役は紅茶とスコーン。健菜のブルーベリー・コンポートがあれば言うことありません。
 伝統的スタイルはケーキ、スコーン、サンドウィッチの3種盛りが決まりですが、私たちはスコーンだけで充分満足。
 熱々に温めたスコーンを手で割り、ブルーベリー・コンポートを乗せて食べるのが、大のお気に入りです。コンポートの甘酸っぱい果汁が染みこんだスコーンが、ホロホロと口の中で崩れる感じがなんともいいのです。健菜のものは、ブルーベリーのコロコロとした形が残っていて、果実の食感や風味が秀逸。フレンチのシェフがつくっているだけあって、繊細で、上品です。

3日で完食

 帰り際、従姉妹は「ひとり暮らしには食べ切れないかな」と迷いながらも「コンポートを私にも取り寄せて」とリクエストしていきました。心配いりませんよ。パンだけでなく、ヨーグルトやアイスクリームに合わせていると、アッという間になくなりますから。わが家は、3日でひと瓶なくなります。
(神尾あんず)

新着エントリー

  • 棚田は収穫直前! 新米のお届けは10月開始です

    健菜米コシヒカリの収穫期を迎えました。生産者にとっては心躍る季節。今回は、永田米研究会を代表して山本...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年10月
  • 予防が基本

     農薬を使わずに作物を栽培するのは簡単なことではありません。農水省は残留農薬の基準を定めていますが、...

    野菜の今とみらい | 2020年10月
  • うね乃の「利尻昆布」&「花かつお」

    出汁修行は1合目 昆布と水を入れた鍋を火に掛けると、私はその前から離れません。ふつふつと沸いてく...

    健菜スタイル | 2020年10月
  • 大切に守りたい品種

     南アルプス東裾の斜面で、桃やすもも、ぶどうなどを栽培しています。 中でも白鳳は農園を代表する果実。...

    土かぜ日記 | 2020年09月
ページの先頭へ