からいはうまい

 ラー油を漢字で書くと「辣油」。「辣」は「辛みが束になっているほどの刺激」だけでなく、「つらい、きびしい」といった字義もあり、調味料の名前としては強烈です。実際、「辣油が効いている」と人気の四川料理店の麻婆豆腐は、辛さのあまり身体が痺れるほどでした。
 でもラー油は使い方次第。健菜のラー油のちょこっと使いを覚えてから、私はよく「からいはうまい」(by椎名誠の書籍名)という言葉を思い出しています。

ちょこっと使いでよい仕事

 餃子を食べるために、どの家庭もラー油を常備しているはず。でも、使い切れずにいつまでも残っていませんか。わが家はその典型でした。ところが......。
 「ここはラー油でいっちゃお!」
 きんぴらを作っている時、行方不明だった鷹の爪の代わりに投入してみたら、なかなかの仕上がり。しかも、器に盛ってから、簡単に「追いラー油」ができるではありませんか。なぜ、こんな使い方をしてこなかったのか、我ながら不思議。ラー油の使い勝手の良さに開眼しました。
 以来、その出番は増える一方です。例えば、冷や奴にたらり、玉子かけご飯には二滴、野菜炒めの仕上げ、ドライカレーの辛みアップ等々、ラー油がよい仕事をしてくれる料理は限りがありません。暑い盛りのそうめんつゆにもラー油はぴったり。「辛い!」とピリッとするぐらいのほうが、身体が喜ぶように思えます。
 健菜のラー油は玉締め一番搾りの胡麻油が原材料。香ばしさが抜群です。そこに唐辛子だけでなく、何種類も香辛料を手作業で溶かしているそうなので、味は奥深く、辛さはマイルド。だから料理にコクが加わるのでしょう。「からいはうまい」と感じるのも腑に落ちます。

「辣」ではなく「ラー」で

 最近、ラー油を使う量が増えています。ラー油に含まれるカプサイシンは新陳代謝を高める作用があり、健康にもよいようです。このまま辛さに強くなると、ギブアップした四川料理店の麻婆豆腐も制覇できるかしら。いやいや、もはや、若い頃のようにムキになって激辛に挑戦する必要はありません。ほどほどの辛さで十分。辣油ではなくマイルドなラー油で大満足です。
(神尾あんず)

新着エントリー

  • 美肌じゃがいも、収穫真っ盛り

    つるつる肌のホクホクじゃがいもの産地を訪ねる。 そこには、技術を駆使する生産者がいた。 間近に波が見...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年08月
  • 駿河シャモ 頒布会

    極める気概と支える気質 「やっぱり、家のごはんがいちばんだね」 「うん、素材がいいから」  この...

    健菜スタイル | 2022年08月
  • 「さあ、田植えだ!」 華やぐ健菜米の産地をめぐる。

    今期の米づくりが、始まった。 山里の3人の生産者、それぞれの様子を取材した。 山肌を削って拓かれた、...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年07月
  • 一番茶の茶摘みが完了

     4月20日から約1カ月続いた一番茶の摘み取りを終え、その仕上げも全て終了。ようやく忙しさのピークが...

    土かぜ日記 | 2022年07月
ページの先頭へ