健菜 ジャージーヨーグルト / ハードヨーグルト

甘いもよし、塩味もあり

 私は、ヨーグルトが大好き。特に健菜のジャージーヨーグルトを知ってからは、冷蔵庫のストックを欠かしたことがありません。夫はドリンクタイプを好みますが、私は圧倒的なハードタイプ派です。これぞ、「ザ・ヨーグルト」という、しっかりとした味がストライク。そのくせ、後味はさっぱりしているというジャージー牛乳独特の個性が生きているところも気に入っています。
 その食べ方は色々。蜂蜜、ブルーベリーコンポート、完熟桃や柿、プラム&きなこ、シリアル&バナナなど、好きなアレンジを挙げたらきりがありません。

塩味もあり

 ところで、初めて食べたヨーグルトを覚えていますか。私と同様、牛乳屋さんが届けてくれた瓶入りヨーグルトという方も多いのでは? あれは甘くてプリンのようだったので、子どもにとってはお菓子に近いものでした。大手メーカーがプレーンヨーグルトを売り出した時、顆粒砂糖が付いていたのは、「ヨーグルトは甘い食べもの」という消費者の常識に応えるものだったのでしょう。
 そんな私が、甘くないヨーグルト料理に出会ったのは、40年前、ギリシア旅行の時でした。「おいしい!」と思ったのは、きゅうりとヨーグルトをミックスしたにんにく風味の「ザブジ」というディップ。軽い塩味です。パンに付けたり、肉や魚料理のソースとして食べるのですが、油っぽい料理続きで疲れがちな胃を労ってくれました。
 その後、色々な国で「こんな食べ方もあるのか!」と発見。ゴマペーストに混ぜたり、サラダのドレッシングだったり......。あの頃は、塩味のヨーグルト料理の一つ一つが小さな驚きでした。でも、今では当たり前でしょうね。

おもてなしにも

 最近は、さらに味が濃厚になる水切りヨーグルトもつくります。コーヒーのペーパードリッパーにヨーグルトを入れて2時間程度おくのが私の目安。ぜひお試しあれ。家での食事会に、これを使ったザブジや、果実のコンポート&水切りヨーグルトのデザートを出すと、目新しくて、来客には好評です。コロナ禍が去り、友だちを呼べる日が来たら、また、ご馳走したいものです。

(神尾あんず)

新着エントリー

ページの先頭へ