健菜みかんジュース

これまで生きてきて...

 夏も本番。最近は、健菜のジュースから一日が始まります。「次はどのボトルにしようかな」と迷いつつ、昨日の朝、みかんジュースの封を切りました。真夏にみかんの甘酸っぱさに舌鼓を打てるなんて、昔は考えられませんでした。
 すると夫が「子どもの頃は、冷凍みかんがあったじゃないか」と言い出したのです。そう、確かにありました。なぜか、列車で旅行する時にだけ登場したみかん。「楽しみだったよね」と夫は言いますが、また、食べたいかとたずねたら、「それほどでも」という返事。「懐かしい味=おいしい」とは限らないからですね。

一生に一度だけ?

 ところで、昨今のテレビはお手軽なグルメ情報が氾濫気味。タレント諸氏の「めちゃおいしい」というコメントには飽き飽きしていますが、最近は「これまで生きてきていちばんおいしい」という言葉も準定番化しつつあるようです。でも、そんなに軽々しく言ってほしくないなあ。
 じつは、私には「これを超えるジュースには一生出会えない」と確信している一杯があるのです。
 それは三十年前、インドの地方都市の屋台で飲んだオレンジジュース。暑い日でした。その日、訪問した各所でふるまってもらった現地の水を、相手に気付かれないように一日中我慢していたのに、知人のインド人がおごってくれたそのジュースは断れませんでした。その場で手回しのジューサーでオレンジを搾り、曇ったコップになみなみと注がれた生ジュースは、お腹を壊すに決まっています。
 しかし、おそるおそる口を付けたら、その後は一気飲みでした。「ああ、おいしい!」と。
 私の人生でいちばんのジュースはあれ。懐かしくておいしい記憶です。

いつまでも何杯も

 さて、日々の暮らしの中で、目下、私がもっともおいしいと感じているジュースは健菜のもの。特に、真夏に飲むみかんジュースが大好きです。食生活はこれからも変化していくでしょうが、きっと、飽きることなく飲み続けるのではないかしら。「懐かしい」という過去の味にはしたくないものです。

(神尾あんず)

新着エントリー

  • 美肌じゃがいも、収穫真っ盛り

    つるつる肌のホクホクじゃがいもの産地を訪ねる。 そこには、技術を駆使する生産者がいた。 間近に波が見...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年08月
  • 駿河シャモ 頒布会

    極める気概と支える気質 「やっぱり、家のごはんがいちばんだね」 「うん、素材がいいから」  この...

    健菜スタイル | 2022年08月
  • 「さあ、田植えだ!」 華やぐ健菜米の産地をめぐる。

    今期の米づくりが、始まった。 山里の3人の生産者、それぞれの様子を取材した。 山肌を削って拓かれた、...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年07月
  • 一番茶の茶摘みが完了

     4月20日から約1カ月続いた一番茶の摘み取りを終え、その仕上げも全て終了。ようやく忙しさのピークが...

    土かぜ日記 | 2022年07月
ページの先頭へ