《1月》白柳ネーブル

《1月》白柳ネーブル
仕様:

生産者:静岡県浜松市、澤田正敏
内容量:約5Kg (14~16個)
お届け:1月下旬‐2月上旬

発送:
健菜のフルーツ

※送料・梱包料は商品単価に含まれています。
※お届け:商品ページ掲載のお届け予定日に収獲し、産地より1週間以内に発送します。

価格: 2020年は終了しました
メンバーはこちらへ
販売休止中

由緒ある国産高級オレンジ
潮風を受けて育つ、大玉ネーブル

 静岡県浜松市、澤田正敏さんが栽培する、白柳ネーブルをご紹介します。栽培地は、ミカンの名産地、三ヶ日町に隣接する細江町にあり、浜名湖からの塩分を含んだ西風が果樹を引き締める、柑橘の栽培適地です。

 白柳ネーブルは、昭和初期にワシントンネーブルの枝変わり種として発見された大玉のオレンジ。1玉が250~300gもありながら、その糖度は13度以上にも達します。そのきめ細やかで上品な果肉が評価され、年に一度、地域の品評会で選出されたものが、皇室への献上品として納められています。

 生産者の澤田さんは、数種類の柑橘を手掛ける栽培暦50年の大ベテラン。中でも白柳ネーブルには特別なこだわりをもち、水はけがよく風通りの良い場所を選び、肥料をほとんど与えず、農薬も極力控えて栽培。そのため園地には雑草が繁茂していますが、樹が力強い根を張り、土壌の栄養分をゆっくりとその実に充実させながら成長します。樹上にはネットを張って、降雨時も霧雨のように園地に広がるため工夫を施すなど、ベテランならではの工夫を凝らして栽培しています。

 こうして樹上完熟したネーブルの収穫時期は12月下旬。その後さらに1か月ほど貯蔵熟成させ、酸甘のバランスを整えてから出荷します。その実にナイフを入れると、オレンジの甘酸っぱい香りが広がり、豊富な果汁が溢れます。きめ細やかで充実した果肉とともにお楽しみください。

こんな商品もあります

いまが旬の味覚です

ページの先頭へ