《12月》あんぽ柿
仕様:

生産者:長野県飯田市 原 和俊、
内容量:約1.5kg (15~20個)
お届け:12月上旬
※健菜倶楽部メンバーの方は、お野菜に同梱してお届けします。

発送:
健菜のフルーツ

※送料・梱包料は商品単価に含まれています。
※お届け:商品ページ掲載のお届け予定日に収獲し、産地より1週間以内に発送します。

価格: 2019年は終了しました
メンバーはこちらへ
販売休止中

寒風にさらし、天日で干しあげる
昔ながらの干柿

 長野県飯田市・原和俊さんが生産する「あんぽ柿」のご案内です。
 あんぽ柿とは、寒さ厳しい信州で、貴重な保存食として受け継がれる干し柿の一種。天日に干した柿を「天干し柿(あまぼしがき)」と呼んだことが名前の由来です。原さんは長野特産の渋柿「甲州百目」を大玉に育て、初冬の寒風に晒します。

 干し上げの間、近くを流れる天竜川の朝霧が柿を湿らせるため、加湿と乾燥を繰り返し、ゆっくりと甘味を蓄えていきます。そして果肉に透明感が出たら完成。水分を50%ほど含むので果肉がゼリーのように柔らかく、口当たりが優しい仕上がりです。
 そのままはもちろん、刻んでヨーグルトやサラダに混ぜたり、凍らせてシャーベットのようにいただくなど、楽しみ方はさまざま。信州の自然が育む、素朴な風味をお楽しみいただけます。
 ご自宅用にも、大切な方へのご贈答にも喜ばれる最高級品です。

関連記事

こんな商品もあります

ページの先頭へ