ノアムーティエの塩 (粗塩/1kg)

ノアムーティエの塩 (粗塩/1kg)

原材料名:海水
内容量:1Kg
原産国:フランス

特選商品

※1配送先につき、一律1,100円(税込)を申し受けます。
※1個単位から自由に組み合わせてご注文いただけます。
※メンバーはお野菜の箱に同梱しますので、送料がかかりません。

価格:1,080円
メンバーはこちらへ
数量:

中世から続く伝統の塩田で生まれた
最高峰の天然海塩

 フランスの大西洋岸に浮かぶ美しい島「ノアムーティエ島」で、中世から変わらぬ塩田方式で製塩された天然海塩です。

 ノアムーティエ島は48平方キロメートル足らずの小さな島。本土とは1キロの橋で繋がれていますが、自然環境を守るために、自動車の乗り入れは厳しく制限されています。海では牡蠣が養殖され、養蜂家が野にハチを放ち、そして海岸線に沿って塩田が一面に広がっています。

 この島では古代から塩が盛んに製造され、19世紀初頭には、世界で最も広い塩田が存在していました。コスト優先の廉価な塩に押され、塩作りが衰退した時期もありましたが、1980年代に職人がまとまって組合を作り、伝統製法を守ることで、ノアムーティエの名声を復活させました。

 その製法はいたってシンプル。満潮時に貯水池に流入した海水を、複雑な水路を通し、数日かけてゆっくりと蒸発させて行きます。徐々に濃縮した海水は、最後は結晶池に集められ、中世と同じく木のへらを使って塩が集められていきます。

 ただし塩作りができるのは6月から9月の暖かい季節だけ。島の気候は冷涼でしかも曇天が多いため、水の蒸発に時間がかかりますが、その時間が長ければ長いほど、塩に含まれるオリゴエレメント(ミネラル=生命に欠かせない微量元素)が豊富となるのです。そしてそのオリゴエレメントの豊かさとバランスが、ノアムーティエの塩独特の旨みと芳香の基となっています。

 この塩を使うと、あらゆる料理の旨みが引き立ち、まろやかで自然な塩の風味が感じられます。また、例えば梅干し作りや味噌作り、漬物など加工品に使うと、オリゴエレメントの効果で歯ごたえがよくなるだけでなく、旨みのもととなる乳酸菌が活発になります。美しい海と島、冷涼な気候、伝統の塩田、職人の技。ノアムーティエの塩は、今入手できる世界最高峰の塩と言っても過言ではありません。

関連記事
健菜スタイル / 毎日が勝負塩

ページの先頭へ