健菜マルトマト (3回頒布会 Bコース)
仕様:

生産者:宮崎県日向市、安藤広信、他
内容量:1回1.4Kg(12個から18個)  ※Aコースはこちらへ
お届け:1回目:令和2年2月中旬‐3月中旬、2回目:3月中旬‐4月中旬、3回目:4月中旬‐5月下旬

発送:
健菜のフルーツ

※送料・梱包料は商品単価に含まれています。
※お届け:商品ページ掲載のお届け予定日に収獲し、産地より1週間以内に発送します。

価格: 2020年は終了しました
メンバーはこちらへ
販売休止中

蘇った野生がおいしさを高める

トマトの原生地と言われる、南米アンデス山脈の高原地帯の環境を再現し、ひび割れるほど乾燥した土壌で、水や肥料を極限まで制限して栽培すると、トマト本来の野生の生命力が甦り、驚くほど糖分と栄養分が凝縮したトマトが収穫できます。

 トマトの原生地は、南米アンデス山脈・ペルー付近の、標高2千メートル前後の高冷地と言われています。土壌は岩だらけで極度に乾燥し、日中は汗ばむほどの陽気なのに、夜は氷点下まで冷え込む苛酷な環境です。

 永田農法はこの原生地の環境を再現するため、岩混じりの乾燥土壌を作り、農薬や肥料はもちろん、水さえもほとんど与えず栽培しています。するとトマトは自らの力で生き延びようと、無数の毛細根を張り巡らせ、空気中の水分や、土壌の僅かな栄養素を必死に吸収して逞しく育ちます。

 こうして収穫されたトマトは、表面が盛り上がりゴツゴツして、ふつうのトマトとは別物のように見えますが、口にすると味が濃厚で糖度が高く、爽やかな酸味と香りが漂います。フルーツトマトといわれる所以はここにあるわけです。

マルトマトとは

 酸甘のバランスが絶妙で、華やかな香りがあり、洗練された美味しさが特徴のトマト。永田農法で栽培すると、水に沈むほど比重が高まり、心室数が多くゼリー分がみっちり詰まった味の濃いトマトが収獲できます。
 本頒布会では、宮崎県日向市で、永田農法を30年にわたり実践・研究し、故永田照喜治氏もその才能を認めた、安藤広信氏が栽培した「特選」等級のトマトを厳選して3回頒布でお届けします。

関連記事

いまが旬の味覚です

ページの先頭へ