青大豆経木納豆

青大豆経木納豆

原材料名:大豆(遺伝子組み換えでない)、納豆菌
原料生産者(大豆):秋田県男鹿市、大越昇
内容量:100g
賞味期限:製造日から7日間
保存方法/要冷蔵(10度以下)
※毎月2回・第1月曜日及び第2月曜日に製造。火曜日出荷。

特選商品

※1配送先につき、一律1,080円(税込)を申し受けます。
※1個単位から自由に組み合わせてご注文いただけます。
※メンバーはお野菜の箱に同梱しますので、送料がかかりません。

価格:486円
メンバーはこちらへ
数量:

大粒礼賛

経木で包まれた外装を開くと、納豆とは思えないさわやかな香りが立ちのぼる。その香りに驚き、次に豆が超大粒であることに驚く。かき混ぜると箸に確かな手ごたえがあって粘りも十分、糸引きが強い。口にすると適度な歯ごたえが心地よく、豆そのものの旨さを味わえる。市販の極小粒納豆とは、全く対極にある大粒の健菜青大豆納豆は、素朴で風味の深い、昔ながらの納豆です。

永田農法の、無肥料青大豆

原料となる青大豆は、故永田照喜治氏が、かつて熱心に指導し全幅の信頼を寄せた大豆栽培の名人、秋田県男鹿市の大越昇氏が担当。男鹿半島の在来種「わかみどり」を、永田農法の定石通り、ほぼ無肥料で栽培します。量を犠牲にして、味を追及した結果、その収穫量は同じ面積の畑の7割弱にまで下がりますが、糖度が高くて脂質が低く、雑味の無い完熟大豆が収穫できます。その青大豆をそのまま茹でてほお張ると、甘く旨みがあって、もぎ立ての枝豆のような香りがします。

味、信頼ともに最高の納豆に

製造を担当するのは、東京の「登喜和食品」。1949年創立の老舗で、輸入大豆は一切扱わず、自社で製造するすべての納豆は、厳選した国産大豆だけという、安全性と美味しさに情熱を注ぐ、納豆の専門メーカーです。健菜青大豆納豆の製造工程は、まず清浄な地下水で豆をふやかし、煮豆にしてから納豆菌をまぶします。納豆菌は純粋培養の糸引きの強い菌を選びました。さらに松の経木に包み、熟成発酵させることで、青大豆のうま味を余すところなく引き出しています。経木の香りがとにかくさわやかで、大粒なのに芯まで納豆菌が浸透し、素材の特徴と旨みを存分に引き出しています。

大粒の納豆はごまかしがきかないので、豆の味がはっきりとわかります。大越さんの青大豆と、登喜和食品の製造技術なくしては、この味にはたどり着かなかったことでしょう。納豆好きにはたまらないこの旨さは、携わった人の正直さが作ったもの。青大豆本来の味を誇れる納豆、底力のある納豆はこうして生まれました。

関連記事
健菜スタイル/青大豆経木納豆


ページの先頭へ