中田 謙三さん (秋田県男鹿市)

とうもろこしの収穫を終えて

2005年08月05日

 7月18日に、とうもろこしの最初の出荷をしました。今年は、例年より早めの4月下旬に定植をしましたが、その頃はまだ霜が降りていたので、トンネル栽培をしました。
 ゴールデンウィークあけ早々に次の定植。こちらのとうもろこしは、次の週に、健菜倶楽部に出しました。味はどうでしたか?

ほんとうの旬は4~5日

 父の代からとうもろこしを栽培してきましたが、ここまでおいしさにこだわる人々と出会えたことはうれしいことです。とうもろこしの場合、味がよい期間がすごく短くて、ほんとうの旬は4~5日だと思います。この時は、皮もやわらかくて、歯にまとわりつかず、ほんとうにおいしい。
 とにかく、そのタイミングを逃さず食べていただくことがわたしのいちばんの課題です。そのために、今年は3段階に分けて定植をしました。
 ほんとうは畑で、とれたてを食べてほしいほどなのですが...。

台風の前に

 昨年は台風のおかげで散々でした。収穫前に台風が来て、倒れてしまったら、もうあきらめるしかありません。とりあえず、2回目の収穫も無事に終わって、ホッとしています。

土かぜ日記 土かぜ日記 土かぜ日記

土かぜ農家

土かぜ日記:アーカイブ

2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 /  2010年 /  2009年 /  2008年 /  2007年 /  2006年 /  2005年 /  2004年 /  2003年 /  2002年 / 
ページの先頭へ