種苗法の行方

種苗法の行方

 先の国会で種苗法改正案の成立が見送られました。改正案は品種開発者(種苗企業など)の権利を守ることに力点が置かれています。
 じつは、日本は農業分野の著作権に関する意識や法整備は遅れていて、それが、日本の品種が海外に無断で広まる原因にもなってきました。いちごの「あまおう」やぶどうの「シャインマスカット」はその代表。権利の保護や規制は海外流失を防ぐには有益でしょう。
 しかし、農家が収穫物から種をとって利用する「自家採種」を制限する面もあり、改正に反対する声も上がっています。高い種子を買わざるを得なくなることを心配している農家も少なくありません。それに、健菜の生産者には、ある品種の苗木や種から始めて、優良種や苗木の選抜を重ねて、独特の野菜や果物をつくる人もいます。
 そうした自由はこれからも守られるでしょうか。改正案に対する農家の反応はとても慎重です。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 美肌じゃがいも、収穫真っ盛り

    つるつる肌のホクホクじゃがいもの産地を訪ねる。 そこには、技術を駆使する生産者がいた。 間近に波が見...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年08月
  • 駿河シャモ 頒布会

    極める気概と支える気質 「やっぱり、家のごはんがいちばんだね」 「うん、素材がいいから」  この...

    健菜スタイル | 2022年08月
  • 「さあ、田植えだ!」 華やぐ健菜米の産地をめぐる。

    今期の米づくりが、始まった。 山里の3人の生産者、それぞれの様子を取材した。 山肌を削って拓かれた、...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年07月
  • 一番茶の茶摘みが完了

     4月20日から約1カ月続いた一番茶の摘み取りを終え、その仕上げも全て終了。ようやく忙しさのピークが...

    土かぜ日記 | 2022年07月
ページの先頭へ