種苗法の行方

種苗法の行方

 先の国会で種苗法改正案の成立が見送られました。改正案は品種開発者(種苗企業など)の権利を守ることに力点が置かれています。
 じつは、日本は農業分野の著作権に関する意識や法整備は遅れていて、それが、日本の品種が海外に無断で広まる原因にもなってきました。いちごの「あまおう」やぶどうの「シャインマスカット」はその代表。権利の保護や規制は海外流失を防ぐには有益でしょう。
 しかし、農家が収穫物から種をとって利用する「自家採種」を制限する面もあり、改正に反対する声も上がっています。高い種子を買わざるを得なくなることを心配している農家も少なくありません。それに、健菜の生産者には、ある品種の苗木や種から始めて、優良種や苗木の選抜を重ねて、独特の野菜や果物をつくる人もいます。
 そうした自由はこれからも守られるでしょうか。改正案に対する農家の反応はとても慎重です。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 健菜生うどん

    冷よし温よし、熱々も嬉しい 「お昼はうどんですが、冷・温・熱々、どれがいい?」 夫婦での在宅...

    健菜スタイル | 2020年09月
  • たまごの常識・新常識

    素材としての力は無限大。その力、見直してみませんか? あれもこれも 優等生  物価の優等生といわれる...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年09月
  • 種苗法の行方

     先の国会で種苗法改正案の成立が見送られました。改正案は品種開発者(種苗企業など)の権利を守ることに...

    野菜の今とみらい | 2020年08月
  • 大切に守りたい品種

     南アルプス東裾の斜面で、桃やすもも、ぶどうなどを栽培しています。 中でも白鳳は農園を代表する果実。...

    土かぜ日記 | 2020年09月
ページの先頭へ