2017年の健菜通信 (24)

  • りんご王国の中心で高みを目指す

    弘前市のりんご生産者を訪ねたのは8月下旬。岩木山の優雅な山容と果樹園が織りなす絶景の中に農園はあった。 津軽富士とも呼ば...

    2017年12月01日
  • ブルーベリーコンポート

    あ、ジャムじゃない! 「このジャム、やわらかいな」  夫が1年前と同じことを言っています。すると、泊まりに来ていた義母が...

    2017年12月01日
  • 寒風伊吹おろしを味方に

    ブロッコリー畑の隣で銀杏が鈴生り。 愛知県稲沢市祖父江町は、木曽川と日光川にはさまれた田園の地だ。 戸田光一さんを訪ねた...

    2017年11月01日
  • 嬉野紅茶

    和風もいいね!  「こんなことも知らなかったとは!」と我ながら自分の無知に呆れることがあります。その一つがお茶のこと。日...

    2017年11月01日
  • さあ、収穫だ! 豊穣を朗らかに祝う生産者たち

    上越市吉川区では、健菜米コシヒカリが収穫の季節を迎えている。「健やかにおいしく」とすべてを尽くした生産者たちが、収穫のタ...

    2017年10月02日
  • 古市由利子さんの ハミングバードケーキ

    待てない!でも待つしかない  土曜日の昼下がり。カレンダーに目をやると、鳥の絵が描き込んである。今日は、ハミングバードケ...

    2017年10月01日
  • 目指すは、若い人も感動する次郎柿

    次郎柿の名産地に、質と味を極めようと挑戦している生産者がいる。栽培6年目になる昨年の11月、その柿園を訪ねた。 「高校時...

    2017年09月01日
  • うね乃の「煮干し」

    おいしくってありがたい 今回は私(藤生)の暮らしを紹介させていただきます。  わが家は、夫と3歳の娘の3人暮らし。私も仕...

    2017年09月01日
  • 桃からぶどうへ 父から息子への完熟果実づくり

    いよいよぶどうの季節。健菜には上田市、甲州市、そして笛吹市からぶどうが届く。その一つ、高橋農園を取材した。 高橋家正さん...

    2017年08月01日
  • 健菜みかんジュース

    にっぽんの底力? 「Jなら何と言うかな」  はじめて健菜のみかんジュースを飲みながら、ふと思い出したのは、25年近く会っ...

    2017年08月01日
  • 静かな桃源郷の力強い歩み

    飯田市天竜峡に近い原農園を訪れたのは昨年の7月末。風景はいつも美しく変わらない。農園では「もっとおいしく」という栽培姿勢...

    2017年07月01日
  • 純正胡麻油(玉絞め一番搾り)

    料理を仕上げる黄金の雫  招き猫のいわれは、世田谷・豪徳寺の飼い猫が、彦根藩の殿様を雷雨の前に寺に招き入れたことに始まる...

    2017年07月01日
  • 永田農法を超えた永田農法へ 健菜米づくり始まる

    永田農法を熟知した生産者たちは、同じところに留まってはいない。 「よりおいしく」を目指して、米づくりが始まる。 冬水田ん...

    2017年06月01日
  • おだしのパック「じん」

    褒められ出汁の秘密 「だしパックに頼ろう」  わが家で開く茶事の準備をしていた私がそう決めたのは、前日の深夜。お点前の前...

    2017年06月01日
  • レタス王国随一の味を目指す人

    長野県南佐久郡川上村は、日本一の高原レタス生産地。 この地で特別栽培レタスを25年間作り続けている古原和哉さんを取材した...

    2017年05月01日
  • 完熟フルーツ12回頒布会

    シェフに「お任せ」感覚で 「メロンが届きました! 食べてもいいですか?」  旅行先に、家の留守番を頼んでいる姪からメール...

    2017年05月01日
  • すいかはシャリ感が命! 悩みつつ栽培することも生き甲斐だ。

    熊本県植木町は、すいか栽培の最適地にして日本一の生産地。ここでシャリ感にこだわり、技を極めた生産者を訪ねた。 「栽培を本...

    2017年04月01日
  • にんじんジュース

    野菜か果物か  「トマトは野菜か、果物か」という話題が新聞などに時々登場しますが、十数年前、わたしがはじめて健菜のにんじ...

    2017年04月01日
  • 目指すのは、「甘い」ではなく「おいしい」メロン

    網目が美しい小山さんのメロン 有明海の干潟に拓かれた園地で メロン一筋30年、健菜屈指の生産者を訪ねた。  果樹栽培の専...

    2017年03月01日
  • 切干だいこん

    応用自在、和の食材  2年前のこと。ボランティア活動のために1週間後に南米に旅立つという若い女性と、現地に持参する食べ物...

    2017年03月01日
  • 健菜れんこんは有明育ち。 名残の味もまた嬉しい。

    農地の間近に有明海の干潟が広がっている。 健菜れんこんは、有明の、海ではなくて土の幸。収穫終盤を迎えた、生産者を訪ねた。...

    2017年02月01日
  • 青大豆味噌 「自家製セット」

    素人の手前味噌  一昨年から、自宅で青大豆味噌作りを始めました。最初は、健菜倶楽部の人から「レシピ付きだし、難しくありま...

    2017年02月01日
  • 赤土の段々畑から 春の味がやってくる。

    肉厚のさやに大粒の豆がつつまれたスナップえんどうは島原育ち。春の到来とともに収穫最盛期を迎える農園を訪ねた。 葉もさやも...

    2017年01月01日
  • 粕漬けたくわん

    おもてなしのたくわん  年初に「粕漬けたくわん」を注文するのは、わが家の恒例です。それに、このたくわんをお隣にお裾分けす...

    2017年01月01日

新着エントリー

  • 三ヶ日みかんの郷を訪ねて

    爽やかで甘くて、何個でも食べられる温州みかん。 その栽培一筋50年の生産者を、浜松市に訪ねた。  三...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年11月
  • あんぽ柿

    お茶にもワインにも  「木守り」という言葉を知ったのは、茶道の稽古を始めてからでした。これは葉を落と...

    健菜スタイル | 2020年11月
  • 棚田は収穫直前! 新米のお届けは10月開始です

    健菜米コシヒカリの収穫期を迎えました。生産者にとっては心躍る季節。今回は、永田米研究会を代表して山本...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年10月
  • クマが農園に侵入

     今日は、畑で草刈りと、ねぎの葉の頭切りをしました。来週は栗林の下草も刈り取り、西明寺栗の収穫に備え...

    土かぜ日記 | 2020年11月
ページの先頭へ