CARM エキストラ・バージン・オリーブオイル・プレミアム

アレンジの限界

 「それ、許せないのよね」としばしば口にする友人がいます。例えば、帽子をかぶった着物姿の若い女性。彼女は、冷奴にオリーブオイルを垂らす食べ方も許せないのだとか。私とはずいぶん違います。私は、着物を自由にアレンジして着ている子は「かわいい」と応援したくなるし、食べ物に関しては「おいしい」と感じられるなら、どんな料理法も二重丸です。
 「豆腐には醤油!」と言い切る彼女に異論はありません。でもオリーブオイルと塩をかけて、時々、おいしさのバリエーションを楽しむ方がいいんじゃない?

アレンジメニューは無限

 私はオリーブオイルを多用しています。サラダ、パスタ、カルパッチョといった定番だけでなく、冷たいぶっかけうどんの仕上げに回しかけたり、卵かけご飯に垂らしてみたりと、その使い方を挙げるときりがありません。オリーブオイルの使い方に限界なし、です。
 でも、そう断言できるのは、質の良いものを常備できるようになったからでしょう。母は「独特の匂いが苦手」と言っていたけれど、それは今のように良質のオイルが身近になかったからだと思います。
 例えば、健菜の「CARMエキストラ・バージン・オリーブオイル」。その香りは果実のよう。実際、摘みたての実を絞ったジュースのようなオイルだそうです。味は少しビターで癖がなく、料理のおいしさをアップしてくれると感じます。瓶が空になるスピードが早いのには、自分でも驚きます。好きです、このオイル。
 今年、南欧諸国ではオリーブが不作だと報道されています。どうか、この農園が無事に収穫できますように。

醤油の仲間?

 ところで、イタリア人にとってオリーブオイルは、日本人にとっての醤油と同じだと聞いたことがあります。そうなのかもしれません。風味豊かな調味料でもある、ということ。醤油同様、使い方のアレンジに限界がないのも当然かもしれません。友人にも試してもらいたいものです。

(神尾あんず)

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ