スマート農業

スマート農業

 国は今、情報通信技術(ICT)を活用した農業を「スマート農業」と呼び、積極的に振興しています。農作業の自動化やドローンを使った農薬・肥料散布だけでなく、経験と勘が頼りだったベテランの技を再現することもその一つです。センサーで作物の状態を把握して、データに基づいて肥料・温度・水分などを管理・調整するのが技の再現。その精度が高まれば、目標である品質の安定化と量産化の両立も不可能ではありません。
 経営が成り立ちにくく、従事者が減る一方の農業の未来にとっては朗報でしょう。
 けれど、スマート農業の視野外にある、数少ない名人の技の行方も気がかりです。今、健菜には量産せずに「味のよさ」を最優先してきた、技ありの生産者が集まっています。その技術や心意気だけでなく、経営面も応援し続けたいと思っています。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 嬉野紅茶

    「和」でなごむティータイム  若い頃は輸入車が大好きだった夫が、国産車を選ぶようになったのはいつ頃だ...

    健菜スタイル | 2021年09月
  • 健菜の乳製品は、ゆっくりとつくられる。

    那須高原・りんどう湖ファミリー牧場の一角で、健菜の乳製品は生まれる。 清潔で小規模な加工場だ。ここで...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年09月
  • 健菜納豆手帖 / 唯一無二の美味、ここに在り

    青大豆経木納豆のおいしさには理由があります。 原料は永田農法で育てた 大豆の王  秋田県男鹿市の大越...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年08月
  • 桃の摘果

     今年は春の到来が早くて、例年より1週間ほど早く、果樹の花が次々に咲きました。  梅、プラム、桃、梨...

    土かぜ日記 | 2021年07月
ページの先頭へ