スマート農業

スマート農業

 国は今、情報通信技術(ICT)を活用した農業を「スマート農業」と呼び、積極的に振興しています。農作業の自動化やドローンを使った農薬・肥料散布だけでなく、経験と勘が頼りだったベテランの技を再現することもその一つです。センサーで作物の状態を把握して、データに基づいて肥料・温度・水分などを管理・調整するのが技の再現。その精度が高まれば、目標である品質の安定化と量産化の両立も不可能ではありません。
 経営が成り立ちにくく、従事者が減る一方の農業の未来にとっては朗報でしょう。
 けれど、スマート農業の視野外にある、数少ない名人の技の行方も気がかりです。今、健菜には量産せずに「味のよさ」を最優先してきた、技ありの生産者が集まっています。その技術や心意気だけでなく、経営面も応援し続けたいと思っています。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 健康な鶏が、おいしいたまごを生んでいる。

    高知県四万十町の山間部で健菜たまごは生まれている。 40年間、健康第一に鶏を飼育する養鶏家を訪ねた。...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年04月
  • ラー油

    からいはうまい  ラー油を漢字で書くと「辣油」。「辣」は「辛みが束になっているほどの刺激」だけでなく...

    健菜スタイル | 2021年03月
  • 寒仕込みの佳境の酒蔵を訪ねて

    健やかな米と清らかな名水、そして伝統の技から名酒は生まれる。 「それはどのように?」と酒蔵を訪ねた。...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年03月
  • 二番花の実がなり始めました

    スナップえんどうは一番花の収穫が終盤になり、二番花の実がなり始めました。収穫と同時に、今は二番花に栄...

    土かぜ日記 | 2021年04月
ページの先頭へ