環境制御と名人技

環境制御と名人技

環境制御」という言葉があります。これは、作物を栽培する環境をシステムで管理すること。最近は、大規模施設だけでなく、ふつうのハウス内にこのシステムを取り入れる生産者も出てきています。
 どんな管理をしているかというと、ハウス内の湿度や温度を自動的に調整したり、作物の状態に合わせて、タイミングよく灌水や養分の供給を行ったり......。植物の光合成が活発に行われるように、炭酸ガスを発生させることもあります。
 環境制御により、作業が自動化されて労働を減らすことができ、また、収穫量を高めたり、品質が安定することが、システム導入のメリットです。じつは精緻なデータを集めて活用すると、これまでは難しかった「名人技」の再現も不可能ではありません。健菜には、独自の環境制御で、きゅうりやトマト栽培に取り組んでいる生産者がいます。応援したいと思います。 

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 健菜 完熟フルーツ 12回頒布会

    迷うのも初夏の楽しみ  今年も、健菜倶楽部から「完熟フルーツ頒布会」のパンフレットが届きました。...

    健菜スタイル | 2022年06月
  • 栄養を捨てない! 野菜づかい心得帖

    栄養素を無駄なく体に取り入れるのは、食べ方次第。栄養で損をしないコツを集めました。 「1日350グラ...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年06月
  • 可愛い牛と純白ミルク

    高原にある牧場で生まれ育つ、牛たちに会いにいった。 その健康こそが、健菜ジャージー牛乳や乳製品のお...

    健菜通信:今月の特集 | 2022年05月
  • 農業暦の混乱

     忙しい毎日を過ごしています。 4月半ばに収穫した無農薬栽培のにんにくは天日干しの最中。出荷は6...

    土かぜ日記 | 2022年06月
ページの先頭へ