名人技のジレンマ

名人技のジレンマ

 品質の高い、おいしい野菜や果物を生産しようとすると、収穫量は減少してしまいます。しかし、収穫量が半減しても、価格を倍にすることは、ふつうはできません。農産物の価格は市況によって決まることがほとんどですから。
 しかも、昨年のウクライナ戦争やエネルギー価格の上昇によって、光熱費や資材費(肥料や農機、農薬など)が急騰。単位収穫量当たりに占める経費が大きい生産者ほど、その影響は深刻です。実際、生産者からは「続けていけない」と嘆く声が聞こえてきます。これを機に、離農する高齢者が増えることも危惧されています。
 それをとどめる方法の一つが、「生産者が自分で価格を決められること」ではないでしょうか。生産者が「これだけ良いものです」とアピールできるものをつくり、発信し、それを理解・納得した消費者のもとに届ける、その一助になることを健菜は願っています。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ