直売所の値付け

直売所の値付け

 道の駅など、農産物直売所での買い物を旅の楽しみにしている方も多いことでしょう。2018年の農水省の調査では、直売所数は全国に2万3590店。1990年代からの出店ブームはすでに収まりましたが、売上の規模は、年間1兆300億円超に成長しました。消費者にとっては、安い、鮮度が良い、生産者が分かる等のメリットがある一方、生産者の収入アップ、生きがいにつながっています。けれど、価格を全体的に押し下げ、生産者の首を絞めている側面もあるのです。
 値付けは生産者が自由にできますが、売れ残りは引き取らなくてはいけません。だから、他の人と同じ価格、それも安くしがちです。「この人の野菜が良い」と指名買いされる生産者もいますが、だからといって他より高い価格を付けることができないのが実情。高い品質の野菜に、生産者が堂々と適正な価格が付けられるようになるには、消費者の理解が不可欠です。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ