健菜トマトジュース

好みの温度

 トクトク、ゴクゴク......。汗ばむ季節になると、私の1日は、この音から始まります。いえ、ビールではありません。飲んでいるのはトマトジュースです。
 朝、起きぬけに冷蔵庫からジュースの瓶を取り出し、グラスに注いで、まず一杯。甘酸っぱい果汁が、喉をひんやりと潤していくにつれて、体がすっきりとしてくる感覚が心地よいのです。まだ目覚めきっていない脳に「起きろ」と、スイッチを入れるパワードリンクでもあります。

冷やしたい派VS 常温派

 お行儀は悪いけれど、思わず「プハー、おいしい!」と口にしてしまうのは、ビールを一気飲みしたときの満足感に似ているからかもしれません。
 けれど、同じようにトマトジュースを飲む夫は、「プハー」とは言いません。彼は、トマトジュースは常温派。一気飲みもしません。その理由は、常温でゆっくり飲むほうが、果汁の旨みがちゃんと味わえるから。確かに健菜トマトジュースの濃厚で深い味を堪能したいなら、彼の飲み方の方が理に適っているかもしれません。
 とはいえ、私、「冷たいジュースの一気飲み」派から転向する気はありません。朝イチのプハーは最高ですから。

朝の定番オノマトペ

 最近、雑貨店で球形の氷ができる製氷皿を見つけました。思い出したのは、昔、上品なバーで、アイスピックで削った球形の氷(アイスボール)入りの、おしゃれなカクテルをいただだいた時のこと。バーテンダー氏が言うには、球形の氷は溶けにくく、お酒の味を損なわないのだとか。ということは、トマトジュースにぴったりではないですか。
 今、我が家の冷蔵庫ではアイスボールができつつあります。家庭で作る氷だから、透明度や溶けにくさに限界はあるけれど、気分は上がります。明日は、ウイスキーグラスで、氷で程よく冷えたトマトジュースを飲むつもり。カラカラという氷がグラスにぶつかる音が加わって、トクトク、カラカラ、グビグビというオノマトペ(擬音)のセットが、夏の朝の定番になるかもしれません。
(神尾あんず)


新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ