冷害から高温対策へ

冷害から高温対策へ

 作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません。今、最も注力されているのは、気候変動に適応できる品種の開発にほかなりません。
 これまで米づくりの歴史は冷害との戦いだったのに、現在では逆。だから、高温でも品質が劣化しない品種(にこまるなど)が次々に開発されています。果物は低温でなくても果皮が色づくりんご(秋映など)や暖冬でも安定して開花する桃(さくひめ)などが生まれ、広まっています。
 この品種改良にひと役買っているのが、海外のジーンバンク(種の銀行)です。日本の作物にはない遺伝子特性をもつ種を国際条約に基づいて入手し活用しています。例えばブラジルの種を交雑した桃や、親がインド種のなすなど。こうした野菜や果物は急速に増えていきそうです。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「良いなすを作りたい」 その思いで高めた技術とおいしさ

    「温度管理が肝心」と話す田畑さん。1日に何度もハウスの屋根や窓を開けしめする。 有明海に面した風...

    健菜通信:今月の特集 | 2024年02月
  • 冷害から高温対策へ

     作物の品種改良は驚くほど活発です。改良の目的は消費者の嗜好やニーズに合わせることだけではありません...

    野菜の今とみらい | 2024年02月
  • 生芋 玉こんにゃく

    トンチンカン 「蒟蒻問答って言葉、知っている?」 「何それ、そんな四字熟語があるの?」  これ、遊び...

    健菜スタイル | 2024年02月
  • 干し柿の出来が楽しみ。

     柿の収穫も終盤を迎え、今は干し柿づくりの真っ最中です。私たちはあんぽ柿と市田柿をつくっていますが、...

    土かぜ日記 | 2023年12月
ページの先頭へ