古市由利子さんのつくる幸 たべる福

季節の料理「さつまいも」を使って

2014年10月01日


生ハム セイジ さつまいもの白ワイン煮

甘くてやわらかいさつまいもと生ハムの塩味、カリカリの食感のコントラストが楽しめる一皿です。
チキンストックの量を増やし、ショートパスタや米を入れ、ヴォリュームたっぷりのスープにしても体があたたまり、寒い季節にはおいしいものです。

材料4人分

  • 生ハム...8枚
  • 赤たまねぎ...1個(くし切り)
  • さつまいも...600〜800g
  • セイジ...大さじ3(大さじ2+大さじ1、せん切り)
  • エクストラ ヴァージン オリーヴオイル...大さじ6(大さじ2+大さじ4)
  • チキンストック...600〜800mℓ
  • 白ワイン...125mℓ
  • パルメジャーノ レッジャーノ...70g(直前におろす)
  1. さつまいもは皮をむき、2.5センチのダイス切りにします。
  2. 生ハムはオーブンかフライパンでカリカリに焼いておきます。
  3. 厚手の鍋で大さじ2のオリーヴオイルを温め、たまねぎを入れ2〜3分炒めます。
  4. さつまいもを入れ、オイルをからませます。
  5. なじんだら白ワインを注ぎ、中火でアルコールを飛ばします。
  6. 次にチキンストックを加え、さつまいもがやわらかくなるまで火を入れます。
  7. さつまいもがやわらかくなったら、パルメジャーノと大さじ2のセイジを加え、かき混ぜます。
  8. それぞれの皿にさつまいもを盛りつけ、大さじ1ずつオリーヴオイルを注ぎ、くだいた生ハムを乗せ、残りのセイジを散らします。
  9. 食卓に運び、好みでパルメジャーノ(分量外)を乗せます。


キャンディード スゥィートポテト

メイプルシロップの甘い香りが漂い、作るときも食べるときもとっても幸福な気分。
オーウ゛ンに入れるだけで美しいデザートが出来上がります。アイスクリームや生クリーム、ミントの葉を添えると子供たちが喜びます。

材料6人分

  • さつまいも...1〜1.2kg
  • バター(無塩)...50g
  • メイプルシロップ...125mℓ
  • しょうが...小さじ1(おろす)
  • レモンの絞り汁...大さじ1
  1. オーブンの予熱を190℃にし、温めておきます。
  2. 耐熱皿にバター(分量外)を薄くぬっておきます。
  3. さつまいもは皮をむき、1センチの輪切りにします。
    (皮が気にならなければ皮つきでもOKです)
  4. さつまいもを10分程茹で、水を切り、冷まします。
  5. 小さな鍋にバターを入れ、中火で温め、溶けたらメイプルシロップを加え、なめらまになるまでかき混ぜ、しょうがを入れます。
  6. 1分程たったらレモン汁を加え、火を止めます。
  7. 耐熱皿に、ずらしながらさつまいもを並べます。
  8. バターとメイプルシロップのソースをさつまいもの上に注ぎます。
  9. 予熱の終わったオーウ゛ンに入れ、途中2〜3回ソースをかけながら30〜35分焼きます。
  10. オーブンから取り出し、熱いうちにサーヴします。

健菜通信:アーカイブ

2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ