古市由利子さんのつくる幸 たべる福

季節の料理「いんげん」を使って

2015年05月30日


いんげん特有の優雅な形と美しいグリーンは最大の魅力。
見映えが良く料理の幅を広げてくれます。
なるべく細いもの、深いグリーンで艶のあるものを選びましょう。


グリーンビーンズ プロヴァンススタイル

材料(4人分)

プロヴァンス産のにんにくは別名マルセイユのヴァニラと呼ばれ料理にかかせません。
エルブ・ド・プロヴァンスが手に入らない時には、ローズマリー、オレガノ、バジル、
マジョラム、フェンネルなどをミックスして使いましょう。

  • いんげん...500g
  • にんにく...4片(みじん切り)
  • トマト...大3個
  • たまねぎ...大1個
  • ブーケガルニ...1束
  • チキンストック...3/4カップ
  • オリーヴオイル...1/2カップ
  • エルブ・ド・プロヴァンス...小さじ1~2
  • フラットリーフパセリ...1/4カップ(みじん切り)
  • 粗塩...1ℓにつき10g
  • 塩こしょう...少々
  1. いんげんは筋を取り、粗塩を入れたたっぷりの湯で軽く茹で、水気を切っておきます。
  2. たまねぎは輪切りにします。
  3. トマトは湯むきして横半分に切り、種を取り出し粗くきざみます。
  4. 厚手の鍋にオリーヴオイルを入れ温め、たまねぎとにんにくの半量を色づかないようしんなりするまで10分程炒めます。
  5. トマト、残りのにんにく、チキンストック、ブーケガルニを入れ、塩こしょうで味をととのえ弱火で30分程煮ます。
  6. ブーケガルニを取り出し、いんげんとエルブ・ド・プロヴァンスを加え水分がほとんどなくなるまで煮込みます。
  7. 器に盛り付けパセリを散らしサーヴします。


グリーンビーンズ サイアムスタイル

ライム、香菜、ミントの涼しげな香り、
ピーナッツオイルとナンプラーの食欲をそそる組み合わせ、
唐辛子の刺激が蒸し暑い季節にぴったりです。

作り方(4人分)

  • いんげん...300g
  • たまねぎ...小1個
  • ミント...1カップ(みじん切り)
  • 香菜...1/2カップ(みじん切り)
  • ライム絞り汁...大さじ1
  • ピーナッツオイル...1/4カップ
  • ナンプラー...大さじ1
  • 赤唐辛子(フレーク)...少々
  • レタス...5~6枚(盛り付け用)
  • 粗塩...1ℓにつき10g
  • 塩こしょう...少々
  1. いんげんは筋を取り、洗って水気を切っておきます。
  2. たまねぎは薄い輪切りにします。
  3. 鍋に湯を沸かし粗塩を加え、いんげんを入れ蓋をせずにやわらかくなるまで茹でます。
  4. 茹で上がったら流水で冷やしペーパータオルで水気を完全に拭き取ります。
  5. 容器にいんげんを移し、たまねぎ、ミント、香菜を加えよく混ぜ蓋をして2~3時間冷蔵 庫で冷やします。
  6. 冷えたいんげんにピーナッツオイル、ライム汁、ナンプラー、赤唐辛子を加えよく混ぜます。
  7. 器にレタスを敷き、いんげんをこんもり盛り付けサーヴします。

健菜通信:アーカイブ

2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ