胡(西域)から伝えられた瓜という名をもつきゅうり(胡瓜)。
シャキシャキした歯ごたえ、清々しい香り、さわやかな味覚は、
体を冷やし、暑い季節にはかかせません。

キューカンバーサラダ

材料(4人分)

私の大好きなサラダ。
きゅうりの食感とフェタチーズのクリーミィな舌ざわり、
赤たまねぎの香りと辛さが見事なハーモニーを作り、レモンの酸味とハーブ、スパイスの香りがアクセントになる完璧なサラダです。

  • きゅうり...4本
  • フェタチーズ...120g
  • 赤たまねぎ...小1個
  • ディル...大さじ1と1/2(みじん切り)
  • ドライミント...大さじ1
  • エクストラヴァージンオリーヴオイル...大さじ3
  • レモン汁...大さじ1と1/2
  • 塩こしょう...少々
  1. フェタチーズを1センチ角のダイス切りにし、大きめのボウルに入れます。
  2. きゅうりはところどころ皮をむき、1センチ角のダイス切りにし、ボウルに入れます。
  3. 赤たまねぎを縦半分にし繊維にそって薄くスライスし、ボウルに入れます。
  4. 次にディルを加えます。
  5. ミントが粗い場合は細かくきざんでパウダー状にします。
  6. ミント、オリーヴオイル、レモン汁を加え、塩こしょうで味をととのえ、よくかき混ぜます。
  7. 器に盛り付けサーヴします。


スウィート アンド サワー キューカンバー

きゅうりの別の顔が味わえる一皿。
火を入れたきゅうりの独特の食感はくせになります。
甘酸っぱいソースのシンプルな味つけが、きゅうりの存在感を高めてくれます。

作り方(6人分)

  • きゅうり...6本
  • たまねぎ...大1個(みじん切り)
  • にんにく...1片(みじん切り)
  • エクストラヴァージンオリーヴオイル...大さじ3
  • 白ワインヴィネガー...大さじ3
  • グラニュー糖...大さじ1
  • 塩こしょう...少々
  1. きゅうりはところどころ皮をむき、ダイス切りにします。
  2. 沸騰させた湯にきゅうりを入れ、透き通るまで数分茹でます。
  3. 水を切りボウルに入れ、塩少々を加えなじませ ます。
  4. 厚手の鍋にオイルを入れ温め、たまねぎとにんにくを弱火で軽く色づくまで炒めます。
  5. 次にヴィネガー、グラニュー糖、塩こしょうを加えます。
  6. 2~3分炒めたら火を止め、ボウルのきゅうりの上に注ぎ軽く混ぜ合わせ、3~4時間置きなじませます。
  7. 器に移し室温でサーヴします。

新着エントリー

  • 天候に恵まれた棚田で 苗がすくすく育っています。

    今回は、県外移動自粛中の健菜俱楽部スタッフに代わり、私、山本秀一が永田米研究会を代表して棚田のレポー...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年07月
  • 健菜玉緑茶

    仕事終わりの「ぽっちお茶」  ひとりでとる食事を「ぽっち飯」というのだとか。ひとりぽっちの「ぽっち」...

    健菜スタイル | 2020年07月
  • 完熟から完紅に。ハウスみかんの仕上げ方

    広島県尾道市の生口島に森野農園を訪ねたのは梅雨真っただ中。ハウスでは完紅みかんが収穫を待っていた。 ...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年06月
  • イチョウの木の想い出

     5月は田植えと、栽培しているタラノメやウドといった山菜の収穫が重なり、大忙しでした。今は大豆の播種...

    土かぜ日記 | 2020年07月
ページの先頭へ