ズッキーニというかわいい名前は、イタリア人がつけたもの。
フランスではクルジェットという名前です。
肉や魚をはじめ、色々な食材と相性が良く、とても便利。
ビタミンAが多く、カロリーが少ないのも嬉しい点です。
健菜倶楽部

ズッキーニ オムレット

ゴールデンイエローのたまごから、ペールグリーンのズッキーニが顔をのぞかせる、美しく、ちょっとユーモラスな感じがする一皿。 ふわふわのたまごとズッキーニの食感、両方の良さが引き立ちます。
健菜倶楽部

4人分

  • ズッキーニ...400g
  • たまご...8個
  • バター(無塩)...80g(40g+40g)
  • バジル...大さじ1(みじん切り)
  • バジル(飾り用)...適量
  • ナツメグ...少々
  • 塩こしょう...少々
  1. ズッキーニは2〜3等分にし、それぞれたてに薄く細長くスライスします。
  2. 23センチのフライパンでバター40gを温め、ズッキーニを入れ、中火で薄く焼き色がつくまで8分程炒めます。
  3. バジルとナツメグを加え、塩こしょうで味をととのえ、30秒程炒めたら、ボウルに移しておきます。
  4. たまごは軽くかき混ぜ、塩こしょう少々を加えます。
  5. フライパンをよく拭き、残りのバターを温め、たまごを入れます。
  6. 強火にし、かたまったところを動かしながら火を入れます。
  7. まわりがかたまり、中心がまだやわらかい状態になったら、片側にズッキーニを入れます。
  8. スパテラを使い、もう半面のたまごをかぶせ、すべらせるように皿に移します。
  9. バジルの葉を乗せ、すぐにサーヴします。


ウォーム ズッキーニ サラダ


オイルとの相性が良く、熱を吸っておいしくなるズッキーニの特性を生かしたサラダ。白いフェタチーズのやさしくやわらかい味わい、ミントとレモンの美しい彩りとさわやかさが加わり、とてもエレガントに仕上がります。

健菜倶楽部

4人分

  • ズッキーニ...400g
  • エクストラヴァージンオリーヴオイル...大さじ1+大さじ1
  • フェタチーズ...70g
  • レモンゼスト(皮)...小さじ1+小さじ1
  • にんにく...小さじ1/2
  • レモン汁...大さじ1
  • ミント...大さじ2
  • フラットリーフパセリ...大さじ2
  • 塩こしょう...少々
  1. フェタチーズはほぐしておきます。
  2. レモンゼストはおろしたものを小さじ1、細切りを小さじ1用意します。
  3. にんにくはみじん切り、ミントとパセリは細切りにします。
  4. ズッキーニは半分に切り、たてに4等分〜6等分にします。
  5. フライパンでオリーヴオイル大さじ1を温め、ズッキーニを入れ、中火で4〜5分炒めます。
  6. やわらかくなったら、皿に盛りつけておきます。
  7. 上にフェタチーズを乗せます。
  8. 小さな器にレモン汁、すりおろしたレモンゼスト、にんにくを入れ、オリーヴオイルを加え、よく混ぜ、塩こしょうで味をととのえ、ドレッシングを作ります。
  9. ズッキーニの上にドレッシングを注ぎ、ミント、パセリ、レモンゼストを散らし、サーヴします。

新着エントリー

  • 浜名湖北岸生まれの和製オレンジ。 その美味で果実好きを魅了中。

    白柳ネーブルは生産地域限定の特産品。 大切に守られてきた美味を育てる生産者を訪ねた。  果物の新品種...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年01月
  • スマート農業

     国は今、情報通信技術(ICT)を活用した農業を「スマート農業」と呼び、積極的に振興しています。農作...

    野菜の今とみらい | 2021年01月
  • 粕漬けたくわん

    杜氏由来の発酵文化  「旬のたくわん」という言い方は奇妙というか、保存食にはあり得ないかもしれません...

    健菜スタイル | 2021年01月
  • 雪を心待ちにするなんて

     今日は試しに大根を掘り出してみました。たくわん用なので、もともと小ぶりですが、やはりまだ小さいです...

    土かぜ日記 | 2020年12月
ページの先頭へ