品質一定の味気なさ

品質一定の味気なさ

 今や野菜・果物の50%以上が業務用であることをご存知ですか。それらには、味や香りより優先される項目がいくつもあって、農作物なのに工業製品のような面が求められています。
 例えば、旬に関係なく、1年中安定供給でき、価格が安く変動しないことや、調理しやすさが重要視され、それに応える品種改良や栽培法が研究されています。
 これが店頭売りの野菜にも影響を与え、客足が増える週末に売るため、収穫後も熟度が進まないトマトが現れました。
 手軽な価格で味が安定しているファストフードが食べられるのは、悪いことではありません。しかし、1年中、味が同じ野菜や果物は味気ない...。作物には旬があり、産地の特性があり、季節によって味が変わるもの。健菜倶楽部がお届けしたいのはそんな野菜や果物です。



永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 「おいしい」は当たり前。 きゅうりに込めた心までご賞味あれ。

    きゅうりの専門農園を滋賀県野洲市に訪ねた。 会ったのは「おいしい」だけでは足りないという生産者だ。 ...

    健菜通信:今月の特集 | 2023年11月
  • プレミアム葡萄ジュース

    わが家の「めでたきもの」  「葡萄」という漢字が好きです。エキゾチックだし、「葡萄唐草」という古来の...

    健菜スタイル | 2023年11月
  • 農園の働き手

     農業従事者の高齢化には歯止めがかかりません。でも、産地ではいきいきと作業する若い人に出会うことも...

    野菜の今とみらい | 2023年10月
  • 秋冬野菜の栽培が始まる

    夏の農作業は土づくりが中心です。収穫後のトウモロコシの畑では葉や茎を漉き込んで緑肥に。化成肥料は...

    土かぜ日記 | 2023年09月
ページの先頭へ