野菜の今とみらい

りんごの食べ頃

2019年01月01日
りんごの食べ頃

 りんごの収穫期は9月から12月なのに、1年中、店頭に並んでいます。不思議に思ったことはありませんか。これは、貯蔵技術の進歩がもたらした「食べ頃延長」マジックです。
 通年出回るりんごは「ふじ」がほとんど。もともと果肉が硬くて保存性が高い品種ですが、昔ながらの「土蔵」貯蔵では食べ頃はそれほど延長できません。今は、3月くらいまでは氷温(0〜1度)での冷蔵保存品、4月以降はCA冷蔵保存品が出回ります。CA冷蔵とは、外気を遮断した冷蔵庫内で酸素濃度を落として、りんごの呼吸を抑えることで休眠状態にする方法です。
 最近は、長期保存を可能にする1-MCPという薬剤も開発されました。りんごはエチレンという植物ホルモンを発散して、自分と周囲の果実の熟度を早めますが、この薬剤を施すと、エチレンが分解されて熟度の進行が抑えられるというものです。
 いつでもおいしいりんごが食べられるのは大歓迎。けれど、健菜は季節感重視。お届け品は冷蔵保存品に止めています。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

健菜通信:アーカイブ

2019年 /  2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ