余る? 不足する?

余る? 不足する?

 新型コロナウイルスは、農業にも大きな打撃を与えています。外出自粛が始まると、業務用に栽培されている野菜がたちまち余るようになりました。家庭内での消費は伸びましたが、外食産業の消費量には遠く及びません。売り先がなく、収穫されずに放置された玉ねぎやキャベツ、レタス畑などが各地に現れています。生産者の心痛や損害はいかばかりのものでしょうか。
 人手不足も深刻です。最近は多くの産地で、中国やベトナムから来日する農業研修生が農作業を担っているのに、その来日がストップしてしまいました。その影響で、今後は野菜や果実が不足するかもしれません。
 今は誰もが先が見えない状態です。健菜の野菜や果物は、これからも順調にお届けできるよう、生産者を応援しながら、万全の体制でのぞんでいきたいと思います。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 健菜生うどん

    冷よし温よし、熱々も嬉しい 「お昼はうどんですが、冷・温・熱々、どれがいい?」 夫婦での在宅...

    健菜スタイル | 2020年09月
  • たまごの常識・新常識

    素材としての力は無限大。その力、見直してみませんか? あれもこれも 優等生  物価の優等生といわれる...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年09月
  • 種苗法の行方

     先の国会で種苗法改正案の成立が見送られました。改正案は品種開発者(種苗企業など)の権利を守ることに...

    野菜の今とみらい | 2020年08月
  • 大切に守りたい品種

     南アルプス東裾の斜面で、桃やすもも、ぶどうなどを栽培しています。 中でも白鳳は農園を代表する果実。...

    土かぜ日記 | 2020年09月
ページの先頭へ