完熟フルーツ12回頒布会

シェフに「お任せ」感覚で

「メロンが届きました! 食べてもいいですか?」
 旅行先に、家の留守番を頼んでいる姪からメールが送られてきました。姪は、猫のお守りを頼むと、「いいよ」と機嫌良くわが家に泊まりに来てくれるありがたい存在。この時は、フルーツ頒布会の果物が届くことをすっかり忘れて、夫と旅に出ていました。姪が居てくれてよかった!
「好きなだけどうぞ」と私。
 すると1時間後、スタンプ入りメールが送られてきました。
「#$%(←ここはスタンプ)今まで生きてきて一番おいしい!」ですって。
 いまどきっぽい褒め言葉ですが、しかし、「さもありなん」と思わないでもありません。ジャンクフード好きの姪でも、あのおいしさはちゃんと分かるものなのですね。

朝も夜も果物がお供

 さて、5月にはフルーツ頒布会の案内をじっくり眺めるのが、私のならいです。二人暮らしなので、「カタログの果物全部!」というわけにはいかず、12回頒布会を申込む年もあれば、単品を組み合わせる年もあり。さて、今年はどうしましょう。
 私が初めて申込みをしたのは5年前。年齢と共に食生活が変化し、ケーキなどより果物を選ぶことが増えたせいでした。朝食には欠かさないし、夜、寛ぐ時にも果物がお供。それだけに、おいしい果物を選びたいのですが、しかし、自分で買っていると当たりハズレの差が大きくて、結局、健菜に「お任せ」することに...。
 じつは先日、最も予約が取れない店の一つというフレンチレストランで、フルーツ頒布のことを思い出しました。そこではコースは一つだけ、献立は全てお任せなので、シェフは存分に腕をふるえます。実際、毎回、料理は期待を裏切りません。そのお任せの安心感や待つ楽しみは、頒布会と通じるところがあるように思えます。もっとも、果物が届くことを忘れては、待つ楽しみは味わえませんが...。

果物の1年スケジュール

 最近は果物の申込みをすると、届く予定をすぐに手帳に書き込んでいます。姪に留守番を頼むときは、「メロンが届くはず」などと伝えることも忘れません。大好きな猫とまったりできる上、絶品フルーツまでプラスされ、姪は、ますます上機嫌で留守番に来てくれています。でも、私の分もとっておいてね・・・!
(神尾あんず)

●健菜完熟フルーツ12回頒布会がスタートします。くわしくはこちらをご覧ください。

新着エントリー

  • 浜名湖北岸生まれの和製オレンジ。 その美味で果実好きを魅了中。

    白柳ネーブルは生産地域限定の特産品。 大切に守られてきた美味を育てる生産者を訪ねた。  果物の新品種...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年01月
  • スマート農業

     国は今、情報通信技術(ICT)を活用した農業を「スマート農業」と呼び、積極的に振興しています。農作...

    野菜の今とみらい | 2021年01月
  • 粕漬けたくわん

    杜氏由来の発酵文化  「旬のたくわん」という言い方は奇妙というか、保存食にはあり得ないかもしれません...

    健菜スタイル | 2021年01月
  • 雪を心待ちにするなんて

     今日は試しに大根を掘り出してみました。たくわん用なので、もともと小ぶりですが、やはりまだ小さいです...

    土かぜ日記 | 2020年12月
ページの先頭へ