ギリシャといえば、小さい頃、両親に連れられて、よくギリシャ映画を観に行きました。独特の音楽、街並や家並の階段や壁に映る光と影のコントラスト、彫の深い俳優の顔だち、モノクロならではの美しさが今も目に浮かびます。また大学の頃、単位欲しさに取った「ギリシャ・ローマ思潮」の講義がことのほか面白く、夢中になったことも懐かしい思い出です。
 料理をしていると、突然古い記憶がよみがえったり、忘れていた人を思い出したりすることがあります。匂いや味、音などが脳を刺激するのでしょうか。それとも老化現象? ともあれ、幸福な記憶と結びつくのですから、良しとしましょう。
 今回はギリシャの伝統的な米料理から、フェタチーズ オレガノ 米のオーブン焼き、そして、スピナッチライスを作ってみましょう。
 フェタチーズはギリシャの代表的なチーズです。やぎの乳から作る、しっとりとしてくせがなく、サラダやパイ、今回のようなオーブン料理にも、何にでも使える真っ白な便利なチーズです。
 スピナッチライスは、レモンやディルの香りとともに、ほうれん草の甘さとやわらかさをたっぷり味わえる一皿です。

フェタチーズ オレガノ 米のオーブン焼き

【材料(4人分)】

  • 米...1と1/2カップ
  • えび...500g(頭と殻を外し、尾を少し残しカットする)
  • フェタチーズ...150g(くずしておく)
  • 赤たまねぎ...小1個(みじん切り)
  • にんにく...2片(つぶしておく)
  • オリーブオイル...大さじ2
  • クミンパウダー...小さじ1
  • オレガノ...大さじ3(みじん切り)
  • 赤ワインビネガー...大さじ2
  • トマト...3個(薄切り)
  • トマトペースト(トマトピューレ)...大さじ1
  • チキンストック...1と3/4カップ
  • 塩、こしょう...少々
  1. フライパンにオリーブオイルを入れ温め、赤たまねぎを炒めます。
  2. 次ににんにく、クミン、大さじ1のオレガノを入れ、軽く炒めます。
  3. ワインビネガーを加え、2〜3分煮てから米を入れ、混ぜ合わせます。
  4. トマト、トマトペースト、チキンストックを入れ、塩、こしょうで味をつけます。
  5. 沸騰したら耐熱容器に移し、アルミホイルでカバーします。
  6. 200℃のオーブンで米が柔らかくなるまで30分程焼きます。
  7. 容器を取り出し、ホイルを外し、米の中にえびを入れ、フェタチーズと残りのオレガノを散らします。
  8. オーブンに入れ、さらに10分程焼き、熱々のうちにサーヴします。


スピナッチライス

【材料(4人分)】

  • 米...1と1/2カップ
  • ほうれん草...500g(食べやすい大きさに切る)
  • たまねぎ...1個(みじん切り)
  • ディル...1/2カップ(みじん切り)
  • にんにく...1片(つぶしておく)
  • オリーブオイル...1/2カップ
  • レモン汁...大さじ1〜2
  • 松の実...大さじ2(軽く炒っておく)
  • レモン...1個(くし切り)
  • 水...2カップ
  • 塩、こしょう...少々
  1. 鍋でオリーブオイルを温め、にんにく、たまねぎを入れ、軽く色づくまで炒め ます。
  2. ほうれん草を加え、中火で5分程炒めます。
  3. 次に米とディルを入れ、軽く混ぜ合わせます。
  4. レモン汁、水を加え、塩、こしょうで味をととのえ、15分程煮ます。
  5. 米がやわらかくなったら皿に移し、松の実を散らし、レモンを添えてサーヴします。

健菜通信:アーカイブ

2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ