トルコ料理は中国料理、フランス料理と共に、世界三大料理に数えられています。食材に恵まれていることはもちろんですが、立地や歴史が大きな要因になっています。ローマ帝国、ビザンチン帝国、オスマン帝国の伝統的なメソッドや、ヨーロッパの華麗なテクニック、アジアの繊細なアレンジメントなどが包括的に取り入れられた、洗練された料理なのです。
 ラムとアプリコットのピラフは、にんじんが隠し味になっています。最近にんじん嫌いの子供は少なくなりましたが、にんじん嫌いの大人(男性?)はまだ棲息しているようなので、一度チャレンジしてもらいましょう。案外気に入ってくれるかもしれません。
 アーティチョークには様々な種類がありますが、トルコでは芯の部分を食べるものを使います。日本では手に入りにくいので、缶詰を使いました。もし生のものが手に入ったら、まず先端と外側の固い葉の部分を取り除き、芯の部分を取り出します。それをレモン水に入れ、あく抜きをしてから茹でて使いましょう。

ラムとアプリコットのピラフ

材料(4人分)

  • 米...1と1/2 カップ
  • 無塩バター...50g(20g+30g)
  • アーモンド...60g
  • たまねぎ...大1個(みじん切り)
  • にんじん...150g(おろしておく)
  • ラム(もも肉)...200g(1センチ角のダイス切り)
  • ドライアプリコット...150g
  • オールスパイス...小さじ1
  • 塩、ブラックペッパー...少々
  • 水...2~2と1/4カップ
  1. <厚手の鍋に20gのバターを入れ温め、アーモンドを炒め、軽く色づいたら取り出しておきます。
  2. 残りのバターを鍋で温め、たまねぎを入れ、やわらかくなるまで炒めます。
  3. にんじんを加え、5分程炒めます。
  4. 次にラムを入れ炒め、色が変わったらアプリコット、オールスパイスを加え、塩こしょうで味をととのえます。
  5. 水1カップを注ぎ強火にし、沸騰したら火を弱め、15分程煮ます。
  6. さらに残りの水と米を加え強火にし、沸騰したら蓋をして弱火にし、20分煮ます。
  7. 蓋をしたまま20分蒸らします。
  8. よく混ぜてから皿に盛りサーヴします


アーティチョークピラフ

材料(4人分)

  • 米...1と1/2カップ
  • アーティチョーク芯(缶詰)...8~12個
  • 無塩バター...100g
  • たまねぎ...大1個(薄切り)
  • 水...1と3/4~2カップ
  • ディル...適量(みじん切り)
  • 塩、こしょう...少々
  • レモン...1/2個
  • 水...2カップ
  • (アーティチョーク下処理用)
  1. アーティチョークは軽く水洗いし、レモン水に30分程つけておきます。
  2. 30分たったらよく水気を拭きとり、食べやすい大きさに切ります。
  3. 鍋でバターを温め、たまねぎを入れ、軽く色づくまで炒めます。
  4. 次にアーティチョークを加え、炒めます。
  5. 米を入れよく混ぜ合わせ、油がまわったら水を注ぎ、塩こしょうで味をととのえます。
  6. 強火にし、沸騰させます。
  7. 沸騰したら弱火にし、蓋をして20分程 煮てから、15分程蒸らします。
  8. 器に盛りつけ、ディルを散らしてサーヴします。

健菜通信:アーカイブ

2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ