今回は思いっきりゴージャスなトリュッフとシャンパンのリゾットと、リッチでクリーミィなモッツァレーラと生ハムのリゾットを楽しみましょう。
 トリュッフとシャンパンのリゾットの材料は手に入りにくいので、日常的に食べられるものではありませんが、万が一トリュッフをプレゼントされたり、シャンパンが山ほど届いた時のために作り方を覚えておきましょう。
 良質なパルマの生ハムやパンチェッタ、パルメジャーノ、トリノの白トリュッフ、上等のシャンパンで作るリゾットは、イタリアの人たちがそうでなくても高い鼻をますます高くして自慢する伝統の味です。
 作り方はシンプルなので皆で材料を持ち寄って、シャンパン片手にわいわい楽しみながら作るのも一興かもしれません。親しい友人と共に豊かな味と時間を分かち合うのはとても嬉しいことです。
 卵とチーズをたっぷり使ったモッツァレーラと生ハムのリゾットはクリーミィでなめらか。優しい味わいの中で生ハムの塩気がアクセントになっています。
 卵もチーズも室温なので、熱々の米やバターを入れないと温度が下がり、上手に出来ません。皿を温めるなど万全の準備をして手早く仕上げましょう。


トリュッフとシャンパンのリゾット

材料4〜6人分

  • たまねぎ...1個(みじん切り)
  • バター(無塩)...100g(80g+20g)
  • 生ハム(赤身の部分)...50g(細長く切る)
  • パンチェッタ(赤身の部分)...50g(細長く切る)
  • シャンパン...200ml
  • 白トリュッフ...小1個
  • 米...2カップ
  • ビーフブイヨン...1〜1.2ℓ(常に温めておく)
  • 塩、こしょう...少々
  •    
  • パルメジャーノ・レッジャーノ...70g(直前におろす)
  1. の鍋にバター80gを入れ、温め、たまねぎを加え弱火で炒めます。
  2. たまねぎが軽く色づいてきたら、生ハムとパンチェッタを入れ、5〜6分炒めます。
  3. さらに米を入れ、たえずかき混ぜながら味をなじませます。
  4. 米が透明になってきたらシャンパンを一度に注ぎ、アルコール分を蒸発させます。
  5. 次に熱々のブイヨンをレードル2杯程注ぎ、ゆっくり大きくかき混ぜます。
  6. 米がブイヨンを吸ったら、またレードル2杯程のブイヨンを注ぎます。
  7. これをくりかえし、17〜18分程煮て、米がアルデンテになったら塩、こしょうで味をととのえ、火を消します。
  8. 残りのバターとパルメジャーノを加え、ていねいに混ぜ合わせます。
  9. 皿に盛りつけ、トリュッフカッターを使い、薄切りにしたトリュッフを乗せ、サーヴします。

モッツァレーラと生ハムのリゾット

材料4〜6人分

  • モッツァレーラ...250g
  • 生ハム...100g
  • 卵...2個
  • バター(無塩)...50g
  • 米...1と1/2カップ
  • パルメジャーノ・レッジャーノ...50g(直前におろす)
  • 塩、こしょう...少々
  • 水...適量
  1. 水に塩少々を加え、沸騰させ米を入れて20分程茹でます。
  2. モッツァレーラをダイス切りにします。
  3. 生ハムもダイス切りにします。
  4. ボウルに卵を割り入れ、軽く混ぜ、モッツァレーラと生ハムを加え、混ぜ、塩、こしょうで味をととのえます。
  5. バターを小鍋で温め、沸騰直前に火を止め、溶かしバターにします。
  6. 米がアルデンテになったらすぐに湯切りをして深皿に盛り、卵、モッツァレーラ、生ハムを加え、素早く混ぜ合わせます。
  7. 熱々の溶かしバターとパルメジャーノを振りかけ、よく和え、すぐにサーヴします。

健菜通信:アーカイブ

2018年 /  2017年 /  2016年 /  2015年 /  2014年 /  2013年 /  2012年 /  2011年 / 
ページの先頭へ