惣菜人気の影響

惣菜人気の影響

今や国内で生産されている野菜の約6割が、加工・業務用だということをご存じですか。中でも消費量が伸びているのが、お惣菜などの「中食」分野。生鮮食品の品質をアピールしてきたスーパーマーケットでも、最近は惣菜部門を強化していることにお気づきでしょう。
 この流れを受け、中食向けの品種特性をもつ野菜の生産量が増えています。加工後に変色しない、加熱調理後は水分が少ない、煮崩れしない、歩留まりが高いといった特性がある野菜です。芯の部分が細くて玉が大きいキャベツ、果肉部分が大きくてカット面が崩れにくいかぼちゃなどはその代表です。
 じつは最近、店頭でも見かけるミニサイズの青梗菜も中食に最適な野菜。和え物などにすると、大きさが均一で、まんべんなく他と混ざり合うので好都合なのです。加工に都合がよい特性が最も優先される野菜の栽培に押され、本来のおいしさをもつ品種が減少していくのは何とも残念なことです。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 再スタートで知った 野菜づくりの妙味と奥深さ

    浜松市東部の田園地帯に訪ねたのは ベテラン揃いの健菜農家に仲間入りした生産者だ。 寒の時期、平井さん...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年02月
  • 食品ロスと産地

     本来は食べられるのに、売れ残りや期限切れなどで破棄されている食品を減らそうという意識が、世界的に高...

    野菜の今とみらい | 2020年02月
  • 健菜ジャージー・バター

    バター愛が止まらない  最近、高級食パンがブームですね。バケットなどのハード系パンもいいけれど、柔ら...

    健菜スタイル | 2020年02月
  • 自慢の里芋

    私たちは、数十品目の野菜を周年収穫・出荷しているので、農閑期というものがありません。 健菜さんには、...

    土かぜ日記 | 2020年01月
ページの先頭へ