認証と安心安全

認証と安心安全

 農業関連の認証制度がいろいろあることをご存知ですか。
例えば、オリンピック選手村の食材に義務づけられた「GAP」認証。安全性、環境保全、働き方にまで規定があり、海外に農産物を輸出するならGAPが必須になっています。農林水産省主導の「有機JAS」「特別栽培農産物」「エコファーマー」は、各々の細かいガイドラインに従っている証。その他、都道府県、市町村、JAや生協、企業などの認証が乱立しています。
 けれど、じつは安心安全でおいしい作物を栽培しながら、認証と無縁の生産者も多いのです。高齢であったり、小規模であったり、農法へのこだわりが独特であったり......。亡父・永田照喜治は「生産者の人格を超える保証はない」と言っていました。健菜には認証の取得している生産者も多いけれど、「私自身が安心安全を保証します」という人も少なくありません。後者も健菜の宝です。

永田まこと (健菜倶楽部生産部 顧問)

全国の生産者を訪ね、父に代わって永田農法の指導もしている。

新着エントリー

  • 種苗法の行方

     先の国会で種苗法改正案の成立が見送られました。改正案は品種開発者(種苗企業など)の権利を守ることに...

    野菜の今とみらい | 2020年08月
  • 八ヶ岳南麓で出会った レタスのパッチワーク

    レタスの収穫最盛期に八ヶ岳南麓の農園を訪れた。 畑はまるで葉っぱのパッチワーク。その美しさに驚く。 ...

    健菜通信:今月の特集 | 2020年08月
  • 健菜トマトジュース

    飲むサラダ  若い頃の出来事を「もう味わえない贅沢ね」と懐かしむことはありませんか。トマトの冷製スー...

    健菜スタイル | 2020年08月
  • イチョウの木の想い出

     5月は田植えと、栽培しているタラノメやウドといった山菜の収穫が重なり、大忙しでした。今は大豆の播種...

    土かぜ日記 | 2020年07月
ページの先頭へ