健菜みかんジュース

にっぽんの底力?

「Jなら何と言うかな」
 はじめて健菜のみかんジュースを飲みながら、ふと思い出したのは、25年近く会っていないアメリカ人のことでした。
「これなら、文句は言わせない」と。

オレンジとみかん

 Jは夫の職場に来てくれていた英会話の個人教授です。夫より20歳ほど年長でしたが、アメリカ人には珍しく(?)、アクションが控えめで、お酒が飲めないという共通点もあるので、夫とは気が合い、夫婦ぐるみで付き合っていました。
 そんなJの休日プランは居心地のよいホテルでまず、ゆっくりとブランチを取り、それから展覧会や公園に出かけるというのが定番でした。最初は戸惑いましたが、私たちも気に入って、何軒かのホテルの朝食を味わうことになりました。
 Jには、最初に出されるオレンジジュースこそが最大の関心事です。求めているのは、搾りたてのフレッシュジュース。これさえあればハッピーになるのですが、しかし、輸入オレンジが高価だった当時、それは滅多になく、果汁100%のジュースであれば、及第点でした。
 ところがある時、Jがグラスに口をつけるや否や、「コレハ、ミカンデス。オイシクナイ」と顔をしかめたのです。その後、カリフォルニア・オレンジを絶賛する長広舌が続いたので、私はムッとして心の中で「日本に来たら"みかん"でしょ」とつぶやいたものです。

ジュースの宗旨替え

 とはいえ、彼の言い分が分からないわけではありません。あの頃のみかんジュースは、香りがなく、味もぼんやり。
 だから、健菜のジュースをはじめて飲んだときは、「おいしい」とびっくりしました。冬の健菜みかん、そのままの味がします。甘酸っぱくて味が濃い、あの味です。
 もし、Jがこれを飲んだら、オレンジ一辺倒から宗旨替えするのではないかしら。
 じつは、すでにわが家には宗旨替えした人間が一人います。それは夫。酸っぱいのが苦手な夫は、オレンジジュースは好みませんが、みかんジュースをとても気に入った様子。庭仕事で汗をかいた後にも、「これこれ」とうれしそうに飲んでいます。素直な甘さと爽やかさが、たまらないそうです。
(神尾あんず) 


新着エントリー

  • 浜名湖北岸生まれの和製オレンジ。 その美味で果実好きを魅了中。

    白柳ネーブルは生産地域限定の特産品。 大切に守られてきた美味を育てる生産者を訪ねた。  果物の新品種...

    健菜通信:今月の特集 | 2021年01月
  • スマート農業

     国は今、情報通信技術(ICT)を活用した農業を「スマート農業」と呼び、積極的に振興しています。農作...

    野菜の今とみらい | 2021年01月
  • 粕漬けたくわん

    杜氏由来の発酵文化  「旬のたくわん」という言い方は奇妙というか、保存食にはあり得ないかもしれません...

    健菜スタイル | 2021年01月
  • 雪を心待ちにするなんて

     今日は試しに大根を掘り出してみました。たくわん用なので、もともと小ぶりですが、やはりまだ小さいです...

    土かぜ日記 | 2020年12月
ページの先頭へ